ファクタリングは多くの業種で利用されている

ファクタリングは様々な業種で利用が拡大しています。

手形取引が減っているため、信用取引の契約がほとんどになった日本の商取引。

中小企業を中心にして資金調達にファクタリングを利用する企業が急激に増えています

ファクタリング契約をお考えの方は、どのような業種がファクタリングを利用しているのだろうと疑問でないでしょうか?

そこでファクタリングを利用する割合が多い業種をくわしく紹介していきます。

業種別のファクタリング利用割合

ファクタリング利用が多い業種は、主に納期の後に高額入金がある業種です。

とりわけ入金までの期間が長い建設・リフォーム業ではファクタリングが大いに役立っています。

ファクタリング活用例の結果にも顕著に表れていていますね。

建設業 35%
運送業 29%
製造業 24%
卸売・小売業 12%

この他にも多くの業種でファクタリングは活用されています。

以下ではそれぞれの業種でどのようにファクタリングが活用されているのかを紹介していきます。

ファクタリング活用例一覧

建設業のファクタリング利用事例

建設業がファクタリングを利用するメリットと活用例とは?
ファクタリングをよく利用しているのは建設業界です。
下請け・孫請けと連鎖的につながっている構造をしているので、階層が下になればなるほど支払いサイクルが長くなります。
そこでファクタリングを利用するのは経営者にとって効率が良いというわけです。
最近はオリンピックの影響で公共事業も多く支払いが安定しているので、ファクタリング会社側も積極的に債権買取を行っている業種といえます。

運送業のファクタリング利用事例

運送業がファクタリングを利用するメリットと活用例とは?

運送業には人で不足が加速しており、人件費の捻出や車両購入、維持費がかかります。
また突然の事故・故障や、ガソリン・軽油の価格高騰という外部要因によって赤字になる可能性を抱えています
そんなときに利用できるのがファクタリング。
銀行融資を通りやすくするためにも、あえてファクタリングを利用している経営者もいるほどです。

小売業のファクタリング利用事例

小売業がファクタリングを利用するメリットと活用例とは?

モノの消費が落ち込む昨今、百貨店の店舗閉館でも表れています。
小売業では在庫が増えていきますが、処分にも管理にも資金が必要になります。
そこで在庫買取ファクタリングを利用する企業が増えているようです。

輸出業のファクタリング利用事例

輸出業がファクタリングを利用するメリットと活用例とは?
海外にある会社との取引はリスクがつきものです。
取引先の信用度を調べることもできなければ、為替変動によって支払い額が大きく変動する可能性もあります。
経営を安定させるためには保障ファクタリングを利用している企業が多いです。

医療介護業のファクタリング利用事例

医療介護業がファクタリングを利用するメリットと活用例とは?

病院や診療所は、診療・介護債権を取得してから入金までに2ヵ月かかります。
しかしながら高齢化によって患者は増える一方なので、人件費や施設管理費はかさむ一方
ファクタリングを利用して入金までの期間を持ちこたえている経営者が多いです。

アパレル業のファクタリング利用事例

アパレル業がファクタリングを利用するメリットと活用例とは?

季節や流行によって取引量にばらつきがあるアパレル業でもファクタリングが活用されています。
製造は海外にアウトソーシングをしている企業が多く、ストライキや賃上げに対応するためにファクタリングを利用する会社が多いようです。

人件派遣業のファクタリング利用事例

人材派遣業がファクタリングを利用するメリットと活用例とは?

サービス業のため資金繰りに困らないと思われている人材派遣業ですが、成約から入金までに数ヶ月かかる業種です。
下請、孫請けが存在するためファクタリング利用件数は建設業と同じ構想をしているので、頻繁にファクタリングを利用されています。

不動産業のファクタリング利用事例

不動産業がファクタリングを利用するメリットと活用例とは?

不動産業は一つ一つの取引が高額ですが、入金までにに日数がかかります。
新規で数棟の購入をしたいときにすぐに資金化できる利便性がファクタリングが人気の理由です。

インターネット通販業のファクタリング利用事例

インターネット通販業がファクタリングを利用するメリットと活用例とは?

EC事業ではクレジットカード決済による入金が主流なので、資金化までに時間がかかります。
しかし通販は商品開発・広告・初回無料キャンペーンなど、初期投資が必要なのでファクタリングで事業拡大を画策する経営者が多くいらっしゃいます。

飲食業のファクタリング利用事例

飲食業がファクタリングを利用するメリットと活用例とは?

飲食業は競争率が高く、経営を続けるだけでも精一杯なのですが、人出不足で人件費はつみあがり、広告をしなければ顧客が来ないという現状があります。
そこでファクタリングを利用してクレジットカード債権を資金化し、仕入や人件費を捻出するようです。

以上、10業種におけるファクタリング活用事例を紹介いたしました。

ファクタリングはあらゆる業種での利用が広がっておりますのでご参考にしてください。

おすすめの記事