いくつある?資金調達方法の種類は大きく分けると3つ

資金調達の方法はいくつあるのだろう?

会社経営にとってかかせない資金調達。

あらゆる手があるので、そのすべてを知っている人は少ないのではないでしょうか?

そこでこの記事では、中小企業のためのあらゆる資金調達方法をメリット・デメリットとともに紹介していきます。

分かりやすいように、資金調達方法を

  • アセットファイナンス
  • デッドファイナンス
  • エクイティ・ファイナンス


の3つに分けて紹介します。

それぞれ「資産を減らすのか、負債を増やすのか、資本金を増やすのか」の違いです。

資金調達の種類に迷ったらまずはアセットファイナンス

資金調達の種類に迷ったらまずはアセットファイナンス

アセットファイナンスは資産を担保として資金を調達する方法です。

以下では、アセットファイナンスを活用した資金調達の種類である 「ファクタリング」・「在庫処分」・「資産の売却」・「セール&リースバック」について詳しく解説していきます。

金銭債権を売る(ファクタリング)

一つ目の資金調達の種類はファクタリングです。

ファクタリングは、 金銭債権を売却する資金調達方法です。

売掛金を買い取ってもらうだけで資金調達ができるので、その日のうちに入金されることもあります。

審査基準が取引先なので、赤字決算でも資金繰りの改善に有効な方法です。

ファクタリングの概要を知りたい方はこちらをご覧ください。

ファクタリングのメリット

ファクタリングを行う最大のメリットは審査基準が低いうえに、即日で資金調達ができるという点です。

入金予定の売掛金を早期に現金化するだけなので、返済義務がないのも経営に響きません。

ファクタリングのデメリット

ファクタリングは厳しい審査を受けずに資金調達をできるという大きなメリットがありますが、その対価として手数料が高め に設定されています。

在庫を処分する

二つ目の資金調達の種類は在庫の処分です。

棚卸資産が販売されずに倉庫に留まっている場合、それは資金が滞留していることと同じなので、棚卸資産は販売されるか処分されない限り現金を生み出すことはありません。

棚卸資産は倉庫の中に保管されている間に盗難する可能性があります。

破損する場合も考えられますし、棚卸資産の価値は時間の経過とともに一般的に減価します。

そうなる前に棚卸資産が倉庫に残っているような状況においては、早めに棚卸資産を処分して資金調達する判断が大切です

在庫処分のメリット

在庫処分の最大のメリットは、資金調達の緊急度が高い場合でも 即座に資金調達できることです。

棚卸資産を業者に売るだけなので、金融機関から融資を受けるように面倒な書類を作る必要もありませんし、管理費もかからなくなります。

棚卸資産を処分すること資金調達の手段となるだけでなく、会社でこれまでかかっていた無駄なコストを削減することにも繋がる、まさに一石二鳥の資金調達方法です。

在庫処分のデメリット

棚卸資産を処分したとしても、倉庫に残っている棚卸資産は市場価値が落ちているので調達できる資金もわずかとなってしまいます。

買取先がみつからないような場合には、処分のための費用がかかってしまいます。

棚卸資産が減価してしまう前に、早期の在庫処分がカギとなります

資産を売却する

棚卸資産の処分と同様に、資産も売却すれば資金調達が可能です。

利用していない資産を売却することによっても売却代金を受け取ることができるので一時的に資金調達ができます。

資産を売却すれば、管理に必要なコストも削減できるので、節約にも繋がりますね。

さらに保有する資産を売却すれば自己資本比率が改善するので、資金繰りに悩まされているような場合には、資産の売却も視野に入れてみることが良いでしょう。

ただし保有する資産の売却は一時的に資金繰りが改善するだけであるため、売却後は経営体質の改善など、本格的に資金繰り計画をたてその計画を実行しなければなりません。

資産売却のメリット

資産売却のメリットは、 比較的早く資金調達することができるという点です。

市場価格がある資産を売却する場合、その市場価格に応じて買取価格が決定されることになるため、素早く売却代金を受け取ることができます。

さらに事業においてすでに使用していない資産を売却することは、税金の支払いが必要なくなるので節税 にも繋がります。

資産売却のデメリット

そんな資産売却のデメリットは、 売却のタイミングが合わないと簡単に資金調達できないという点です。

所有している資産の価値が低くなっていれば資金調達としては物足りませんし、買い手がつかないとなれば売却すらできません。

周りの環境で資金調達できるかできないか分からないというのは資金調達の予定を立てるのに適していないのです。

セールス&リースバック

セールス&リースバックとは、会社が保有している資産である不動産・機械・設備機器などを金融機関やリース会社に売却した後、その資産をリース契約で利用し続ける資金調達の方法のことを言います。

簡単に言えば、セールス&リースバックは、A社が資産をB社に売却して、その代金を受け取った上で、B社から同じ資産をリースとして使用させてもらう取引です。

セールス&リースバックを使えば、資産を売却することによって資金の調達ができると同時に、そのままリース契約を結ぶことになるので、リース料を支払うことでその資産を自社で継続的に利用できるのが特徴です。

セール&リースバックのメリット

セールス&リースバックは、物件の売却とリース契約の締結を同時に行うことから、資金調達できるだけではなく、資産を継続して使うことができます。

キャッシュを生み出す源泉である資産を継続的に使用することができるので、機会費用がかからないメリットがあります。

またセールス&リースバックを行えば、資産の リース料を支払うだけとなり、手間のかかる減価償却費の計算や固定資産税の申告・納付に加え、保険料の支払などの管理事務も少なくなります。

セール&リースバックのデメリット

セールス&リースバックの唯一のデメリットは、経営状態があるていど安定していないと契約にむすびつかないということです。

基盤がしっかりある大手企業が利用する資金調達方法ですね。

すぐに高額現金が必要ならデッドファイナンス

すぐに高額現金が必要ならデッドファイナンス

デッドファイナンスは負債が増える資金調達方法です。

資金調達の主流である銀行借入もデッドファイナンスに割り当てられます。

多くの種類がありますので以下で4つを紹介していきます。

公的機関からの融資

資金調達を行う方法の一つとして、公的機関の融資制度は主流です。

公的機関の融資制度は、公的融資制度と呼ばれ、国や地方自治体をはじめとする公的機関が資金を調達したい事業者に対して融資を行う制度です。

公的融資制度には様々なものがありますが、その代表的なものと言えば、日本政策金融公庫です。

公的融資を行っている代表的な機関である日本政策金融公庫は、国の政策のもとで民間金融機関を補完し、社会のニーズに対応して様々な方法で資金を提供することを目的とした機関です。

以下では日本政策金融公庫を例にとって、公的機関から融資を受けるメリットとデメリットを解説していきます。

公的機関からの融資のメリット

公的機関からの融資のメリットは、民間の金融機関よりも 低い金利で資金の借入が行えるということです。

融資担当者は中小企業事業者に対して適切なアドバイザーとしての役割も担ってくれるため、経営の健全化に一役買ってもらえるのも魅力の一つ。

民間の金融機関であれば融資してくれないような場合でも、公的機関からであれば融資を受けられる可能性があります。

公的機関からの融資のデメリット

融資を受けるには必要なことですが、書類の作成に多くの手間と時間がかかるのがデメリットです。

必要書類をもとに厳しく審査されるので、間違いがないように準備しなければなりません。

銀行や信用金庫からの融資

王道の資金調達方法ですね。

言うまでもないので簡単に説明していますが、詳しく知りたい方はこちらを参考にしてください。

銀行や信用金庫からの融資のメリット

銀行や信用金庫から融資として資金の提供を受けるメリットは、事業に必要なまとまった資金が手に入るということです。

他の資金調達方法と比べて、銀行や信用金庫は潤沢な資金を有しているため、事業活動を行うために十分な資金を提供してくれます。

もちろん審査を行って希望金額より低い額が融資可能額として提示されることもありますが、まとまった資金が手に入れば余裕を持って事業を展開できますね

銀行や信用金庫からの融資のデメリット

銀行や信用金庫から融資を受けるためには、担保や保証人が必要となるのがデメリットです。

担保や保証人準備できない場合には融資を受けられませんし、融資の際には厳しい審査があります。

会社の財務状態や経営成績を示す財務諸表や事業計画書の作成に手間もかかります。

ビジネスローン

ビジネスローンとは、事業資金のための無担保ローンです。

ビジネスローンでは、スコアリングシステムによる審査で銀行の融資を受けられなかった場合でも資金の融資を受けることができる可能性があるのが特徴です。

個人事業主や中小企業事業者であっても資金を融資してもらえる可能性がありますが、その分、金利が高く設定される傾向があります。

ではビジネスローンにはどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか?

ビジネスローンのメリット

ビジネスローンのメリットは銀行からの融資とは違い、事業に使うのであれば資金の利用目的が限られないことです。

銀行から融資の提供を受ける場合には、設備投資として使うのか、あるいは運転資金として使うのかなど、資金の使用使途を明確にしなければなりません。

ビジネスローンは、資金の使用使途を明確にせずとも資金の提供を受けることができるのは他の融資にはない最大の特徴と言えるでしょう。

また、ビジネスローンは 無担保・無保証人でも融資を受けられます。

ビジネスローンは、即日資金を融資してもらえることもあるので、緊急性のある資金調達にも対応できる点もメリットと言えるでしょう。

ビジネスローンのデメリット

ビジネスローンはや中小企業事業者が融資を受けられる可能性が高いですが、その分金利が高く設定されています。

無担保・保証人不要というのも、貸倒れリスクが大きくなる分、金利が高くなる要因となります。

社債の発行

社債の発行は企業の資金調達の方法の中でも最も主流な方法で、不特定多数の人から多額の資金を調達するために非常に効果的であると言えます。

規模の小さい会社であっても社債の発行によって長期的な資金を確保できることが魅力です。

社債発行のメリット

社債発行の最も重要なメリットは長期的な資金の調達が可能であるということです。

社債は償還期間などを細かく設定した上で、償還期限や金利について条件を自社で決めることができます。

金融機関や公的機関から融資を受ける場合には様々な条件が必要となりますが自社の経営状況に合った資金の調達が可能となります。

社債発行のデメリット

社債を発行するためには様々な法的手続きが必要であり、事務作業が多いです。

社債管理者を置くことが義務付けられていますし、社債原簿の作成といった今まで必要なかった事務作業が格段に増えてしまいます。

社債を発行するのは大企業、というイメージがあるのも事務処理の煩雑さ故かもしれません。

支払い期日の先延ばし

支払い期日を先延ばしにしてもらうことも、一時的ではありますがある意味資金調達手段です。

支払期日を先延ばしにするメリット

支払期日を先延ばしにする方法は、取引先からの了解さえ得られればできる方法なので、余計なコストをかけずに資金を融通することができることが最大のメリットと言えます。

個人事業主や中小企業事業者に資金調達に関する専門的な知識がなくとも実行可能な方法です。

支払期日を先延ばしにすることによって、その分、会社の運転資金にも余裕ができるようになります。

余裕があるうちに資金計画の見直しを行い、資金繰りを改善するための時間を稼げるのが、支払期日を先延ばしにする最大のメリットと言えるでしょう。

支払期日を先延ばしにするデメリット

支払期日を先延ばしにしたとしても、 一時的な資金繰りが解消されるだけで、会社の長期的な資金繰りが解消されるわけではありません。

そのため、資金計画そのものを見直して、資金繰りを徐々に改善していかなければ根本的な原因を解決できないのです。

さらに、この方法は取引先との交渉が必須となる方法であるため、当然取引先に断られる可能性もあります。

時間はかかるが有効手段!エクイティファイナンス

時間はかかるが有効手段!エクイティファイナンス

エクイティファイナンスとは、新株発行・新株予約権付社債の発行のように、株式の発行を伴う資金調達のことを言います。

会社側からみれば返済期限の定めがない資金調達であり、財務体質を強固にする効果があることが特徴です。

以下では、エクイティ・ファイナンスの具体的な方法についてメリットとデメリットを踏まえ、詳しく説明していきましょう。

クラウドファンディング

クラウドファンディングとは、事業者やプロジェクトの実行主体などが、不特定多数からインターネットを通じて資金の提供を受ける仕組みのことをいいます。

目的によって3種類のクラウドファンディングがあり、それぞれの仕組みは次の表のようにまとめられます。

寄付型クラウドファンディング 資金調達者に対して資金提供者が金銭の寄付を行うもので、資金提供者に対してリターンは基本的にない。
購入型クラウドファンディング 資金調達者にが提示するプロジェクトに対して資金を提供したものは、そのプロジェクトの成果である製品・サービスの提供を受ける。
投資型クラウドファンディング 資金提供者には金銭の見返りがある。投資型クラウドファンディングは貸付型・ファンド型・株式型にさらに細かく分類される。

ではクラウドファンディングのメリットとデメリットをみていきましょう。

クラウドファンディングのメリット

クラウドファンディングによって資金調達をする共通のメリットは時間と費用が削減できるという点です。

クラウドファンディングでは資金を調達する際に、金融機関や公的機関の介在がないことから、資金の提供を受けるために面倒な書類の提出が必要ありません。

クラウドファンディングのデメリット

クラウドファンディングは、多額の資金調達には向いている方法ではありません。

クラウドファンディングによってどれだけの資金調達ができるか、またその効果はどのようなものがあるかに関して予想がつきにくく、中小企業事業者にとってはハードルの高い資金調達方法である点もデメリットであると言えるでしょう。

中小企業ファンド

ファンドから投資として資金の提供受けることによって、個人事業主や中小企業事業者であっても資金調達ができます。

特に創業・事業展開など、金融機関や公的機関には不確実性が高すぎて融資ができないような場合でも、中小企業ファンドであれば資金を提供してくれる可能性があるのです。

中小企業ファンドには様々な会社がありますが、 民間投資会社・地域金融機関・中小企業基盤整備機構などの出資により成立していることが多いことが特徴。

提供資金を自社が運用して得られた利益などを財源としており、経営支援なども行っているので事業のサポートをしてもらうことも可能です。

中小企業ファンドを利用するメリット

中小企業ファンドは金融機関や公的機関が融資してくれないような場合であっても出資してくれる可能性があることが特徴です。

事業の不確実性が高い場合であっても、一定の資金を出資として提供してくれることから、それを運転資金として経営を立て直すことができます。

資金の提供を受けて財政状態や経営成績が良好であれば、追加で出資を受けることもできるので便利です。

また、中小企業ファンドでは出資だけではなく、スタッフの派遣を行っています。

財務や会計に関して豊富な経験や専門知識を有しているスタッフが派遣されることによって、個人事業主や中小企業事業者であっても、会社の中で不足しがちな財務や会計に関する知識を補える点もメリットと言えるでしょう。

そのおかげで、事業計画や資金繰りも改善され、会社を上場する場合でもスムーズに進めることができます。

中小企業ファンドを利用するデメリット

中小企業ファンドは会社に資金を提供してくれる存在ですが、それは融資ではなく出資という名目で行われます。

ファンドの目的は基本的に投資利益をあげることなので、会社の資金繰りが怪しくなったり、経営成績が悪化すると経営にまで口出ししてくる可能性があります。

資本金の額や従業員数などに応じて出資額も変わってくる場合が多いので、自分の会社に合ったかたちで資金を提供してくれるファンドを探すことが大切です。

事業のM&A

事業のM&A(Mergers and Acquisitions)も資金調達の一種と言えます。

ある会社が他の会社を買い取ることによって、相手の経営資源(ヒト・モノ・カネ)を得ることができるからです。

以下では、M&Aを狭義に捉え、企業や事業の経営権を移転させることとして、そのメリットとデメリットについて説明を行っていきます。

事業のM&Aを行うメリット

事業をM&Aすることによって、買い手側の会社の信用が高い場合には、金融機関などからの資金の提供を受けやすくなるのが最大のメリットです。

M&Aによって自分の会社を売却することで、その事業の所有者は多額の現金を手に入れることができます。

さらに、買い手企業の信用力をもとにして資金の提供を受けやすくなることから、資金繰りが改善されたり、自社の資本力や営業力など、会社そのものの力を高められるという効果もあります。

より強い事業基盤を構築することができるので、財務状態や経営成績の改善を見込むことができるだけではなく、販路の拡大などによって自社の力だけではこれまでは難しかった事業展開も可能です。

事業のM&Aを行うデメリット

事業のM&Aを行う際のデメリットとしては、事業の買収を行うために多額の資金が必要となるということです。

もともと別の事業が別の事業になるということなので、それぞれの文化や風土が大きく異なります。

その結果、会社の形態だけを統合することができたとしても、会社の中で働く人々がその環境に慣れていくまでには長い時間がかかります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

この記事ではアセットファイナンス・デッドファイナンス・エクイティファイナンスの3種類に大きくわけて資金調達の種類とメリット・デメリットを紹介しました

それぞれの資金調達にかかる手数料も気になるかと思いますので是非以下の記事も参考にしてください。

資金調達にかかる手数料を徹底的に総まとめ!

人気ファクタリング会社のランキング
日本中小企業金融サポート機構
忙しいなら郵送ファクタリング一択!
・30分で審査準備ができる!
・社団法人だから非営利で安心
・買取額は制限なし!
・2社、3社、医療ファクタリングの取扱
・赤字、債務超過、個人事業主に対応
・手数料は8%~
アクセルファクター
最短即日のスピードファクタリング!
・3社間3000万円以下買取専門
・原則即日対応のスピード
・手数料は2%~
・2社間・3社間・診療報酬・介護報酬に対応
・法人、個人事業主(法人相手の売掛債権)申込み可
ベストファクター
日本中どこでも瞬時に対応!
・東京、大阪に拠点を置くファクタリング会社
・最短即日で融資
・無料の資金コンサルティング
・オンライン審査で手続き楽々
・全国出張サービス
・赤字、債務超過、税金滞納でも申込可