はじめにー日本政策金融公庫制度とは?

日本政策金融公庫とは一体どんな融資事業なのでしょうか?

日本政策金融公庫とは?
日本政策金融公庫とは、100%政府出資の政策金融機関

2008年10月までは国民生活金融公庫、通称「国金」として一般の金融公庫からの融資が難しい事業者に融資を行ってきました。 

現在は国の政策にのっとって固定金利、長期融資を導入し、個人企業や中小企業向けの融資をしています。 

日本政策金融公庫の融資の種類とは以下の通り。 

    融資を受けられる対象者

  • 事業経営者向けの「普通貸付」
  • 経営悪化事業者向けの「セーフティネット貸付」
  • 起業家のための「新企業育成貸付」
  • 設備投資や店舗の増改築のための「企業活力強化貸付」

 

銀行融資ほど審査が厳しくないため、中小企業の経営者なら知っておきたいのが日本政策金融公庫です。

この記事では、日本政策金融公庫の融資とはどのような制度なのかを詳しく説明していきます

日本政策金融公庫とは?融資制度・対象者・金利の情報まとめ

日本政策金融公庫とは?融資制度・対象者・金利の情報まとめ

日本政策金融公庫には、さまざまな融資制度があり、対象者や金利もそれぞれが違ってきます。 

そこで融資制度の紹介と、その対象者や金利についてまとめいきましょう。 

融資制度一覧

日本政策金融公庫の事業内容を大きく分けると「国民生活事業」「中小企業事業」「農林水産事業」の3つに分かれます。 

そのうちの国民生活事業融資は、個人企業や小規模事業者に向けた小口資金を融資しています。融資平均金額は700万円となっており、短期から中期の融資を取り扱っています。 

中小企業事業融資は、その名の通り中小企業向けの長期融資をおこなっており、融資平均金額は1億円

農林水産事業融資は、農林漁業国産農林水産物を取り扱う事業者向けの長期事業資金を融資しています。  

3つの事業のなかでさまざまな状態の経営者を助けられるように、数多くの融資制度を用意しておりますので、その中の一部を紹介していきましょう。

国民生活事業の融資制度

 

 普通貸付融資制度

セーフティネット貸付

新企業育成貸付

企業活力強化貸付

環境・エネルギー対策貸付

企業再生貸付

その他の融資制度

生活衛生貸付

    


いかがでしょうか?希望の融資制度はありましたか?

日本政策金融公庫では普通貸付に加えて、多くの特別融資を行っていますので、まずは当てはまる融資制度がないか調べてみましょう。

私の会社は日本政策金融公庫の融資制度の対象になるのでしょうか?

では、日本政策金融公庫で融資制度をうけられる対象者を見ていくことにしましょう。

融資を受けられる対象者

融資を受けられる対象者は、融資制度によって異なります。 

  • 普通貸付
  • 事業を営む方

  • セーフティネット貸付
  • 売上減少など業績が悪化している、取引先の経営破綻などにより資金繰りに困っている方

  • 新企業育成貸付
  • 新たに事業を始める方、女性やシニア起業者など

  • 企業活力強化貸付
  • 設備投資、海外展開などを視野に入れている方

  • 環境・エネルギー対策貸付
  • 省エネルギー効果の高い設備投資を考えている方

  • 企業再生貸付
  • 民事再生法に基づく再生計画により企業の再建を図る方   

資本金がいくらでなければいけない、借入がいくらでなければいけないという対象者の選び方ではなく、あくまでもその融資制度を使いたい理由があれば対象者になれるのです

それが日本政策金融公庫が中小企業経営者に人気の理由かもしれませんね。

日本政策金融公庫の金利

 日本政策金融公庫の金利は、担保の有無や使いみち、融資方法によって異なります。

いずれも1.5%~3%と銀行融資よりも低い、もしくは同程度の金利で借りられますね。

担保を不要とする融資の場合:2.06%~2.65%
担保を提供する融資の場合:1.16%~2.35%
新創業融資制度(無担保・無保証人)の場合:2.26%~2.85%
中小企業経営力強化資金の場合:2.06%~2.45%

金利は借入条件によって低くなることがあります。また、経済状況によって増減することはありますので、必ず日本政策金融公庫のホームページで現在の金利を確認してくださいね。

資金調達の手続きの流れがわかる!必要書類や審査の傾向

資金調達の手続きの流れがわかる!必要書類や審査の傾向

実際に日本政策金融公庫で融資を受ける際の流れについてもお伝えします。 

手続きの流れ

まずは日本政策金融公庫の窓口に行くことから融資が始まります。

窓口以外にも、事業資金相談ダイヤル0120-154-505でも受付していますし、所属している商工会、商工会議所でも融資の窓口とすることもできますよ。

必要書類を提出すると、日本政策金融公庫の公庫職員が来社します。個人企業の場合は、日本政策金融公庫の窓口に出向くか、公庫職員が面談のため来社することがあるそうです。

審査が終わり融資決定となると、借用証書などの契約に必要な書類が送られてきて、銀行口座に融資資金が振り込まれます。 

返済は月々払い。返済方法は元金均等返済、元利均等返済、ステップ返済がありますので、返済しやすい方法を選びましょう。  

必要書類

日本政策金融公庫に申し込む際の必要書類は以下の通りです。

  • 会社案内、製品カタログなどの参考資料· 法人の登記事項証明書
  • 最新3期分の決算書・税務申告書
  • 納税証明書
  • 最近の試算表(決算月から時間が経っている場合)
  • 設備投資を行うときは、概要のわかる資料(見積書等)
  •  

  • 担保の内容がわかる資料(登記事項証明書等)
  •   

個人企業の場合の必要書類は最近2期分の申告決算書、初めての融資には創業計画書も必要になります。 

審査の傾向や注意点

日本政策金融公庫の審査は、ほぼ面談の内容で決まります。時間は1時間から2時間。借りたお金の返済方法、なぜ資金が必要になったのかなど詳しく聞かれます。 経営計画に矛盾がないように、丁寧に確実に答えられるようにしておくことがポイントです。   

>>>日本政策金融公庫の融資審査のコツを詳しく説明しているので合わせてご覧ください

中小企業が融資を受けるメリットとデメリット

中小企業が融資を受けるメリットとデメリット

日本政策金融公庫で融資を受けるメリットとデメリットは何でしょうか?

メリット

  • 低金利である
  • 経営の相談ができる
  • 審査に受かりやすい

 

デメリット

  • 審査に時間がかかる
  • 保証が必要

日本政策金融公庫で融資をうけるメリットとデメリットを、それぞれ詳しくみていきましょう。 

低金利である

低金利で借りられる日本政策金融公庫を利用する最大のメリットは、銀行に比べて低金利で借りられることです

大口の融資はビジネスローンなどでも金利が低く設定されていますが、日本政策金融公庫は300万ほどの小口融資でも金利が約2%と非常に低いです。 

経営の相談ができる

経営の相談にのってくれる日本政策金融公庫は融資専門の金融機関です。

事業資金が必要になった経営者の立場になって親身にアドバイスをくれますよ。

これは日本政策金融公庫の経営理念でもありますので、今後の事業展開や経営相談にも的確に、しかも相談料もかからずに相談できますね

審査に受かりやすい

審査に受かりやすい日本政策金融公庫は、銀行融資より審査に通りやすいです。

銀行ではこれまでの経営による実績を重視しますが、日本政策金融公庫は将来性を重視します

しっかりと事業計画を練り、今後の事業についての展開を計画書に盛り込めば審査に通りやすくなっているのです。

では続いて、日本政策金融公庫融資のデメリットをみていきましょう。

 

審査に時間がかかる

審査に時間がかかる日本政策金融公庫の審査は約1ヶ月かかるとみておきましょう

必要書類を提出してから1週間~2週間で面談がおこなわれ、その後審査には最低一週間かかります。

融資を受ける際には余裕をもって申し込みすることが必要ですね。

保証が必要

保証が必要日本政策金融公庫では、保証人が必要です。

中には保証人を日本政策金融公庫の担当者と相談しながら決められる融資もあるのですが、金利が高く設定されており、保証人を立てるか高い金利をのむか悩むところです。

また保証人が不要となっている融資は、使いみちの決まっている融資に限られていますので、実質保証人なしというのは難しいでしょう

まとめ

日本政策金融公庫は、中小企業にとって利用しやすい金融機関です

銀行よりも低い金利は経営のアドバイスも無料で受けられますので一度相談されてみるとよいでしょう。

ただしすぐにでも入金して欲しいという方は、ファクタリングという資金調達方法もありますので、合わせてご覧くださいませ。

>>担保・保証人なし!ファクタリングの仕組みとは?

人気ファクタリング会社のランキング
日本中小企業金融サポート機構
忙しいなら郵送ファクタリング一択!
・30分で審査準備ができる!
・社団法人だから非営利で安心
・買取額は制限なし!
・2社、3社、医療ファクタリングの取扱
・赤字、債務超過、個人事業主に対応
・手数料は8%~
アクセルファクター
最短即日のスピードファクタリング!
・3社間3000万円以下買取専門
・原則即日対応のスピード
・手数料は2%~
・2社間・3社間・診療報酬・介護報酬に対応
・法人、個人事業主(法人相手の売掛債権)申込み可
ベストファクター
日本中どこでも瞬時に対応!
・東京、大阪に拠点を置くファクタリング会社
・最短即日で融資
・無料の資金コンサルティング
・オンライン審査で手続き楽々
・全国出張サービス
・赤字、債務超過、税金滞納でも申込可