絶対に回避するべき債務超過とは

債務超過とは、会社において負債の額が資産の額を上回ってしまっている状態のこと。それは、会社が重大な病気にかかってしまっているような状態です。

債務超過は、安定とは真逆の状態のため絶対に回避するべきです。この記事では、「債務超過とは何か」を明らかにした上で回避するための対処法を紹介していきます

債務超過とは?図解で分かりやすく解説

債務超過とは?図解で分かりやすく解説

債務超過とは、一定時点での負債が資産の額を上回ってしまっている状態です。つまり、現在所有している全ての資産を売却しても借金を返すことができないことを意味します。

債務超過は貸借対照表(バランスシート)を見ることで明らかになります。まずは簡単に貸借対象表の見方をおさらいしましょう。

貸借対照表の見方

貸借対照表は、以下の3つの要素から成り立ちます。

  • 資産…現金、預金、不動産や設備などの財産
  • 負債…銀行、金融機関からの借入などの借金や支払手形など
  • 純資産…資産から負債を差し引いたもの

実際の貸借対照表は、複雑ですが分かりやすくすると以下のようなものになります。

貸借対照表 略図

左側が借方で資産の部、右側が貸方で負債の部と純資産の部というように分けられます。貸借対照表は、左右対称です。現金が増えると借方の資産と貸方の純資産が増えます。

また、金融機関から借入をしたときは、借り入れた分の現金が入るため負債と資産の部が増えるという仕組みです。

それでは、債務超過になったとき、貸借対照表がどのような状態になっているのか見ていきましょう。

債務超過時の貸借対照表

債務超過になってしまったとき、貸借対照表はどのような状態になっているのでしょうか。
図を参考に見ていきましょう。

まずは正常時の貸借対象表です。

正常時の貸借対象

正常時の場合、負債は資産よりも少ない状態であり、純資産がプラスの状態になっていることも分かります。

続いて、以下が債務超過時の貸借対照表です。

債務超過時の貸借対照表

純資産がマイナスの状態であり、負債の額が資産の額を超えています

言い換えると、資産から負債を引いた額である純資産がマイナスになっている状態が債務超過ということです。

このような債務超過の状態になってしまうと企業はどうなってしまうのでしょうか。

債務超過になると会社はどうなるのか

債務超過は、非常に危険な状態です。債務超過になると、銀行融資が受けられなくなってしまったり、1年以上債務超過の状態が改善されないままだと上場廃止になってしまいます。

銀行融資が受けられないと運転資金の調達が困難になり、事業を継続することが難しくなってしまうでしょう。また、上場廃止になってしまった場合株価が一気に下落してしまい、財務的なダメージを受けることになります。

債務超過になったからと言ってすぐに倒産するわけではありません。しかし、倒産する可能性はかなり高くなります。それでは、なぜ企業が債務超過になってしまうのでしょうか。

赤字や資金ショートと債務超過の違いを明らかにしながら、債務超過になってしまう理由を見ていきましょう。

赤字や資金ショートとの違いを分かりやすく解説!

赤字や資金ショートとの違いを分かりやすく解説!

なぜ債務超過は起こるのでしょうか。ここでは、赤字や資金ショートと債務超過の違いを見ながら債務超過になる理由を解説していきます。それでは、債務超過と赤字との違いから見ていきましょう。

債務超過と赤字の違い

債務超過と赤字は何が違うのでしょうか。先ほどの貸借対照表を参考に見ていきましょう。

まずは、債務超過時の貸借対照表です。

債務超過時の貸借対照表

純資産がマイナスになり、負債の額が資産の額を超えています。

続いて、以下が赤字の時の貸借対照表。

赤字のときの貸借対象表

純資産の合計はマイナスではないですが、利益がマイナスになっている状態です。赤字とは、簡単に言うと支出が収入より多い状態。つまり支出が収入を上回った分だけ利益が減ってしまうということです。

それでは、このまま利益が減り続けるとどうなるでしょうか。察しの通り、純資産がマイナスになってしまいますよね。

純資産がマイナスになっている状態 = 負債が資産の額を上回っている状態

つまり、事業による利益が生み出せずに赤字が続くとやがて債務超過になってしまうということです。赤字になってしまう原因は、売上不振や大口の取引先の倒産、過大投資や過剰在庫など。それらを避けることが、債務超過を避けることに繋がります。

次に、債務超過と資金ショートの違いを見ていきましょう。

債務超過と資金ショートの違い

資金ショートとは、事業を運営していく資金がなくなってしまう状態のことです。資金ショートは会社が倒産する唯一の原因と言っても過言ではありません。一方で債務超過は、なってしまったからと言ってすぐさま倒産するわけではありません。

しかし、銀行の融資が受けられない、上場廃止になってしまうなど倒産を回避するのが非常に困難な事態に陥ります。債務超過になってしまうと、資金ショートになり倒産してしまう可能性が大きくなってしまうでしょう

倒産を避けるためには、債務超過を脱しなければなりません。実際に債務超過から脱するためには、どのような方法があるのか見ていきましょう。

融資が可能になる?銀行の評価が良くなる5つの対処法

融資が可能になる?銀行の評価が良くなる5つの対処法

債務超過から脱するために何をしたらいいのでしょうか。方法が分からなければ行動もできません。

そこで、債務超過から抜け出す5つの方法をここで紹介していきます。

1. 増資する

増資をすることで純資産である資本金を増やし、債務超過を抜け出す方法です。新株の発行や、資本準備金の資本組み入れ、経営者個人のお金を会社に投入するなどの増資の方法があります。

しかし、あくまで一時的な債務超過の場合に限るということに注意が必要です。事業の赤字が続いてしまっている限り、一時的に債務超過を脱してもまた同じことになってしまいます

2. 利益を増やす

最もシンプルであり、最も効果的な方法が利益を増やすこと。利益が増えれば負債を返済していくこともできますし、純資産を増やし貸借対照表を正常に戻すこともできます。利益の増やし方は、単に売上を増やすだけではありません。

事業運営にかかる費用を削ることで会社が得る利益を増やすことができます。債務超過に陥ってしまったときは、いかに利益を増やすかも考えましょう。

3. DESを検討する

DES(Debt Equity Swap)とは、債務と株式を換えることです。金融機関が経営不振に陥った企業を救済するために、株式を取得することで債務を肩代わりします。経営不振に陥っている会社としては、債務が減るメリットがあります。

一見、金融機関にメリットがなさそうですがそんなことはありません。金融機関側には、株式を取得することで経営に参画できるようになります。また、企業が経営を持ち直した後に株式の配当や売却益を得ることができるというメリットがあります。

双方にメリットのある仕組みですが、金融機関側にDESを承認させることが必要な上に、問題の根本的な解決にはならないという欠点があるのでDESは要検討です。

4. M&Aを行う

事業を売却し、その売却益で負債を返す方法です。会社そのものを買収してもらうことで、子会社になる方法。子会社を売却することで売却益を得る方法など様々なやり方があります。

しかし、会社を手放す、あるいは経営権を譲渡することになる可能性があるということも知っておきましょう。

5. ファクタリングを使う

最後にファクタリングを使い、資金を調達する方法です。ファクタリングとは、売掛債権を売却して期日前に資金化する方法です。債務超過に陥ったとき、資金を調達する方法はかなり限られてきます。

ファクタリングは、赤字や債務超過でも使うことができる方法として経営者たちに注目されています。ファクタリングを使って資金調達することで事業資金を調達し、資金ショートを防ぎましょう。

以下に、赤字や債務超過で利用できるファクタリング会社の中でも信頼のおける会社をまとめているので参考にしてみてください。

>>赤字・債務超過でも使えるファクタリング会社一覧

以上5つが債務超過を脱却する方法です。債務超過にならないことが会社にとっては一番ですが、もしなってしまった場合は上記5つの方法で解決しましょう。

まとめ

今回は、「債務超過とは何か」と「債務超過の対処法」について解説してきました。債務超過になってもすぐに倒産するわけではありません。しかし、債務超過から抜け出すのは至難の業。

普段から経営改善に努めることが非常に重要になります。厳しい結果にならないためにも、経営を見直してみましょう。

また、資金繰りの改善についてまとめた記事もあるのでこちらも経営の参考にしてみてください

>>資金繰り改善方法一覧はこちら

人気ファクタリング会社のランキング
日本中小企業金融サポート機構
忙しいなら郵送ファクタリング一択!
・30分で審査準備ができる!
・社団法人だから非営利で安心
・買取額は制限なし!
・2社、3社、医療ファクタリングの取扱
・赤字、債務超過、個人事業主に対応
・手数料は8%~
アクセルファクター
最短即日のスピードファクタリング!
・3社間3000万円以下買取専門
・原則即日対応のスピード
・手数料は2%~
・2社間・3社間・診療報酬・介護報酬に対応
・法人、個人事業主(法人相手の売掛債権)申込み可
ベストファクター
日本中どこでも瞬時に対応!
・東京、大阪に拠点を置くファクタリング会社
・最短即日で融資
・無料の資金コンサルティング
・オンライン審査で手続き楽々
・全国出張サービス
・赤字、債務超過、税金滞納でも申込可