最近話題になっているでんさいを使うのメリットは?

最近耳にするでんさいにするべきなのかな・・?

よく経営者様からでんさいに変更したほうが良いかどうか質問を頂くことがあります。

でんさいは電子記録債権の略称で、は2008年に電子記録債権法の成立によって誕生した新しい金銭債権です。

しかしながら中小企業では利用しにくい方法なので、仕組みを知らない方も多くいらっしゃいます。

そこでこの記事では、でんさいのメリットとデメリットを紹介し、中小企業に導入するべきかをまとめます

でんさいをご存知でない方はまずはこちらからご覧ください。

>>でんさいの基本的な仕組み

でんさいを始めるメリット【支払い企業】

でんさいを始めるメリット【支払い企業】

では早速でんさいを導入するメリットを見ていきましょう。

まずはお金を支払う側の企業にどのようなメリットがあるのでしょうか?

事務手続きの簡略化

でんさいは電子的に記録されるので、押印等の細々とした作業は必要ありませんし、手形の発行作業や振替の準備に関する手続きも簡略化することができます。

取引がすべて電子記録として残されるため集計作業も効率的に進めることができるのです

例えば、支払企業が債権の発生記録をしたらすぐに債権金額や支払期日を確認できるようになります

支払いの効率化

多くの企業では手形・掛け取引・前払いなど、さまざまな支払い手段があるのではないでしょうか?

各々別の方法で支払いをするのは、とても煩雑な作業となりますよね。

そこででんさいを使えば支払手段を一本化でき、効率的に支払いができるようになります。

コスト軽減

でんさいは、インターネットなどを用いて手続きや決済が行われます。

電子記録債権は課税対象外なので、手形のように印紙税は課されません。

それ以外にも、債権を管理しなくてよいので人件費もかかりません。

でんさいを使えば、支払いに関する諸々のコストを大きく軽減することができるのです。

 

さてここまでは、支払企業にとって電子記録債権を取り扱うメリットを説明してきました。

では納入企業が電子記録債権を取り扱うメリットは何でしょうか?

電子記録債権を取り扱う強み【納入企業】

電子記録債権を取り扱う強み【納入企業】

電子記録債権を取り扱うメリットを享受することができるのは、支払企業だけではありません。

納入企業にとっても、当然利用するメリットは多くあります。

以下では納品企業にとってでんさいをはじめるメリットについて詳しく解説していきます。

取立手続きが不要になる

手形でも売掛金でも取り立てが必要になることはありますよね。

でんさいならその必要はありません。

支払期日になれば取引のある金融機関の口座に自動的に入金されるからです。

紛失や盗難のリスクを軽減

でんさいはインターネット取引ですから紛失や盗難の心配がありません。

手形は盗まれないように金庫で厳重に管理するのが一般的。

でんさいならインターネットにアクセスできなければ盗まれる心配もないので安心ですね。

譲渡や分割が可能になる

でんさいを使えば金銭債権の分割・譲渡が可能となります

譲渡などが可能となると金銭債権を無駄なく有効に活用できるのです。

債権が会社に留まることなく利用できれば資金繰りがよくなるので経営における利点ですね。

これについて詳しく知りたい方はこちらを参考にしてください。

 

納入企業からの視点のメリットを紹介してきました。

上記のようなメリットがありながら利用が浸透していないでんさい。

どのようなデメリットがあるのでしょうか?

サービスが浸透しないのはデメリットに理由がある

サービスが浸透しないのはデメリットに理由がある

これまで説明してきたように、でんさいには様々なメリットがあります。

それでもなおでんさいが浸透しない理由としては、でんさいが持つデメリットに原因が隠されています。

以下ではでんさいのデメリットについて詳しく説明していきます。

取引先がでんさい非対応

でんさいは取引先が非対応だと利用できません

また、取引先がでんさいを利用していてもシステムが違うと利用できない可能性があります。

でんさいを使う場合には、取引先も同じシステムに対応していなければならないという点がデメリットであると言えます。

切り替えのタイミング

でんさいの導入は切り替えのタイミングが難しいです。

今までは手形や売掛金で対応していたのが、急に電子債券になるわけですから問題も山積みでしょう。

従業員も電子記録債権・電子記録債務を処理することになり、会計システムに慣れるまで手続きに戸惑う可能性があります。

でんさいを導入する場合には、体制を整えてから実施しなければいけません。

慣れないシステム対応

インターネットは多くの問題がおきるので、システム対応に追われてしまいます。

専門的な知識を必要とすることが多く、中小企業が導入するには敷居が高いですね。

 

以上がでんさいのデメリットでした。

メリットをみると惹かれますが、導入の難しさからでんさいを実施する企業は少ないのです。

まとめ

でんさいを使えば、今までの決済手段が簡易的になります。

しかしながら中小企業がでんさいを導入するには問題が多すぎるので、わざわざでんさいに移行する必要はないでしょう

人気ファクタリング会社のランキング
日本中小企業金融サポート機構
忙しいなら郵送ファクタリング一択!
・30分で審査準備ができる!
・社団法人だから非営利で安心
・買取額は制限なし!
・2社、3社、医療ファクタリングの取扱
・赤字、債務超過、個人事業主に対応
・手数料は8%~
アクセルファクター
最短即日のスピードファクタリング!
・3社間3000万円以下買取専門
・原則即日対応のスピード
・手数料は2%~
・2社間・3社間・診療報酬・介護報酬に対応
・法人、個人事業主(法人相手の売掛債権)申込み可
ベストファクター
日本中どこでも瞬時に対応!
・東京、大阪に拠点を置くファクタリング会社
・最短即日で融資
・無料の資金コンサルティング
・オンライン審査で手続き楽々
・全国出張サービス
・赤字、債務超過、税金滞納でも申込可