経営悪化?会社の資金繰りは常にある悩み

会社にとって資金は、人間にとっての血液と同じ役割を担っています。

人間も血液が流れないと生きていくことができないように、会社もお金が流れないと生きていくことはできません。

どんなに売上高が高く利益が出ている場合であっても、キャッシュ・フローが滞りなく流れていなければ、会社の資金繰りは苦しくなる一方です。

それでは、会社の資金繰りを改善するためにはどうしたら良いでしょうか?

この記事では、会社の資金繰りを改善するための知識や方法をどこよりも詳しく紹介していきます。

会社の資金繰り改善を行う前に必要な知識

会社の資金繰り改善を行う前に必要な知識

会社が倒産するのは、自社が振り出した支払手形の不渡りを出した時です。

不渡りは、手形を決済するための資金を調達することができなかったときに起きるもの。

一言でいうなれば、「会社の倒産=資金調達ができないこと」を意味します。

それでは、一体なぜ会社の資金繰りは悪化してしまうのでしょうか?

資金繰り悪化の原因とは

資金繰りが悪化する主な原因は、金銭債権の回収時期と金銭債務の支払時期がうまく連動していないことです。

「金銭債権の回収時期と金銭債務の支払時期のズレ」から資金繰り悪化の原因が生じているというわけです。

赤字で売上なくて倒産するのは分かりますが、かなりの売上がある大企業でも倒産することがありますよね。

そこからも債権と債務の管理の重要性がお分かりいただけるのではないでしょうか?

また黒字倒産が起こるのも同様の理由です。

以下で詳しくみていきましょう。

資金繰りが悪いと黒字倒産もあり得る

会社の利益は、基本的に売上から費用を差し引くことによって算出されますよね。

ここで売上高というのは「一事業年度にどれだけ商品を販売することができたか」を表すものであるため、売上代金がきちんと回収されているかどうかは問われていません

「売上高・売上原価・販管費」が全く同じであっても、売上代金を全額回収できているかいないかで手元に残っている資金額は変わるのです。

売上高と手許にある資金額は関係ないことが分かりますよね。

このように会社というのは黒字であっても資金繰りがうまくいっていなければ倒産することも大いにあるのです。

しかしながら資金繰りを常に一定に保つことは非常に難しいことです。

そこで以下では資金繰りの改善方法について説明していきます。

緊急度が高いなら今すぐ行動。資金調達が一番の近道

緊急度が高いなら今すぐ行動。資金調達が一番の近道

資金が足りずに支払ができない時のように、緊急度が高い場合には、今すぐに何らかの資金調達を行わなければなりませんよね。

以下では、素早く資金を調達するための3つの方法を紹介します。

ファクタリング会社で売掛金を現金化

まず最初に紹介する資金調達の方法は、ファクタリングです。

資金調達の方法の中で、最も確実で素早く資金を調達するには「ファクタリング」と言われるほど近年ではその需要が急激に高まっている手法です。

売掛金の期日を待たずして資金化できるので中小企業の経営者に支持されています。

資金調達の緊急度が高い場合はファクタリングを検討してみましょう。

ファクタリングの概要についてはこちらをご参照ください。

金銭債権を回収する

次に紹介する資金調達の方法は、金銭債権を回収するというやり方です。

金銭債権を回収する方法は、何もファクタリング利用するだけではありません。

売掛金や受取手形といった金銭債権が会社の中にあるということは、将来的に資金となるものが会社の中にあるということを意味します。

そのため、取立の期日がきている手形は確実に銀行に取立の依頼をし、期日がきている売掛金については入金の催促をするだけでも資金調達になりますね。

社債を発行する

3つ目に紹介する資金調達の方法は、「社債の発行」です。

社債の発行は、他の資金調達方法と比較して多額に資金を調達できることが特徴です。

社債を発行すれば多額の資金の提供を受けることができ、当面の資金繰りは改善されると言えるでしょう。

ただし、社債を発行するには時間もお金もかかります。

何より、社債は社債権を発行することは、会社にとっての借金であることをきちんと認識しておかなければなりません。

社債は資金繰りを改善するための有効な資金調達方法の一つですが、将来的に金利を支払わなければならず、額面金額の償還も必要です。

 

ここまで緊急を要する場合の資金調達方法を紹介しました。

では今後、資金繰りを防ぐためにはどうしたらよいのでしょうか?

これ以上の悪化を防ぐためにしておきたい事

これ以上の悪化を防ぐためにしておきたい事

資金繰りを改善するために上記の方法で資金を調達できたとしても、資金繰りの改善は一時的なものに過ぎません。

経営体質を少しずつ改善しなければ、将来的にまた資金繰りが苦しくなる可能性が常につきまといます。

そこで以下では資金繰りをこれ以上悪化させないために、知っておきたい経営体質改善の方法を4つ紹介していきます。

在庫の処分をする

まずは在庫の処分をするというアプローチです。

商品は販売することによって現金化されるものです。

そのため販売されないまま在庫となっている棚卸資産は、依然として現金化されていないものを意味しています。

現金が会社の中に在庫あるということは、会社の中で在庫として現金が留まっていることを意味しているのです。

そのため資金繰りのことを考えるのであれば、棚卸資産は極力持たずにできるだけ在庫を無くすようにしなければなりません。

できるだけ棚卸資産の回転率を上げるようにすることが、資金繰りを改善することにつながります。

無駄を削減する

3つ目に紹介する資金繰り改善方法は、無駄を削減する方法です。

会社の中から出ていく資金が大きければ資金繰りは悪くなる一方です。

無駄を無くすためには、資金繰りの計画をきちんと立て、その計画通りにきちんと資金が管理されているか再確認しましょう。

例えば、リアルタイムで売上情報を把握したり、過去の売上データと比較したり、商品ごとの売上データを確認したりすることが大切です。

プロに相談する

最後に紹介する資金繰り改善方法は、プロに相談するのはどうでしょうか?

財務状況については第三者の目をいれると分かることも増えるでしょう。

プロに相談する方が効率的に会社の資金繰りを少しずつ着実に改善する効果を見込めるはずです。

支払いを遅らせる

支払いを遅らせるのは取引先の信用を失いますし、迷惑が掛かります。

しかしながら資金繰りを改善するには有用な方法でもあるのです。

事業存続のためにも最後の手段となるでしょう。

 

以上が資金繰り改善を期待できる4つの方法でした。

最後に

いかがでしたでしょうか?

7つの方法をご紹介しましたが、資金繰り改善には資金調達が近道です。

ファクタリングを検討するのが最善策ですが、他にも資金調達方法を紹介しているので是非ご覧ください

おすすめの記事