審査の甘い即日融資!事業資金の借入はノンバンクで

事業資金の借入をするとき、大切なのは金利の安さや返済条件の良さ。その点、日本政策金融公庫や銀行からの借入は魅力的です。しかし、公庫や銀行の厳しい審査に通ることができるのは一握り。

また審査が厳しい分、審査期間が長くなっていてすぐに事業資金を調達したい人にとっては使い勝手が悪いですよね。そんなときに便利なのがビジネスローンによる事業資金の借入です。

ビジネスローンは無担保・無保証人で借入ができるサービスです。この記事では、ビジネスローンがなぜ選ばれているのかを明らかにした上で、100%審査に通過するコツを解説します

そして最後に、ビジネスローン以外で注目を集めている事業資金の借入方法を2つ紹介します

事業資金の借入でビジネスローンが選ばれる理由

事業資金の借入でビジネスローンが選ばれる理由

ビジネスローンによる借入はなぜ世の経営者たちに選ばれているのでしょうか。その理由を見ていきましょう。

ビジネスローンのメリット

ビジネスローンが選ばれている理由は以下の2つでしょう。

  • 審査が甘い
  • 即日融資を受けることができる

審査が甘いことも即日融資も日本政策金融公庫や銀行融資ではありえませんね。ビジネスローンはまさに事業資金に困っている経営者の味方です。

そんなビジネスローンを提供している業者には、銀行系とノンバンク系があり、それぞれにメリットとデメリットがあります。

そこで、間違った選択をしないために、銀行系とノンバンク系それぞれにどのような特徴があるのかを比較していきます。

銀行系とノンバンク系を比較

審査難易度、融資スピード、金利、最大限度額、返済期間の5つの点を下の表を元に見ていきましょう。

銀行系とノンバンクの比較グラフ

審査の難易度

審査難易度はノンバンク系の方が圧倒的に甘いと言えます。銀行系のビジネスローンは、審査を甘くした結果貸倒が続出してしまったため厳しくなりました。メガバンクは、ネットへの掲載を終了するほどビジネスローンの提供に消極的です。

地方銀行は中小企業や零細企業が主要な顧客であるために今でもビジネスローンのサービスを提供していますが、積極的に提供しているかというとそうでもありません。銀行系は、そもそも貸付に積極的でないため、審査が厳しいのは当然です。

一方でノンバンクでは、金利を引き上げ、借入の限度額を引き下げることで審査を甘くしてビジネスローンによる融資を提供しています

融資スピード

銀行系のビジネスローンは審査が厳しい分、融資スピードも遅くなります。銀行系は申込をしてから融資までの期間は、概ね1週間から2週間です。しかし、メガバンクなどの審査が厳しい金融機関から借入をしようとすると最長で6週間かかることもあります。

ノンバンクであれば、最短で即日の融資が可能です。すぐに事業資金が必要な場合には、ノンバンク系の貸金業者からの借入が良いでしょう。

金利

銀行系のビジネスローンの金利は5~10%程度。ノンバンク系のビジネスローンは6~18%程度です。しかし、実際に6%などの低金利で借入をすることは難しい実態があります。

審査が厳しい分、金利の設定は銀行系のビジネスローンの方が安くなっています。後々利息の支払が資金繰りを悪化させる可能性もあることを考えると金利の安い銀行系は魅力的です。

最大限度額

銀行系では、5000万円から最大で1億円の貸付を行っている業者もあります。ノンバンク系では、最大でも1000万円程度の貸付までしかできません

このように、銀行系とノンバンク系の借入できる限度額には大きな差があります。それは、総量規制があるためです。総量規制とは、貸金業法で定められた借入金額の上限金額。

この規制で、借入できる上限金額は年収の3分の1までと定められています。1000万円以上の高額の融資を望む場合には、銀行系のビジネスローンの利用をおすすめします。

返済期間

銀行系の返済期間は1~5年、ノンバンク系の返済期間は5~10年。

概ねこの通りです。銀行は貸倒になることをかなり恐れているため、高額の貸付でも早期の回収を目指しています。逆に言うと、短い返済期間で返せる見込みがないと貸付はしないということです。

以上が銀行系とノンバンク系のビジネスローンの比較です。銀行系には、金利が安い、借入限度額が高いというメリットがあります。高額のお金を低金利で借りられるのは魅力的ですね。

一方でノンバンク系のメリットは、即日融資が可能、返済期間が長い、審査が甘いが長いという点。事業資金の借入を急いでいる場合は、ノンバンクの方が早く資金調達ができます。返済期間も銀行系に比べて長いため、資金繰りを圧迫しません。そして、銀行より審査が甘いです。

ただ、審査が甘いと言っても決してザルではありません。そこで、以下ではノンバンク系のビジネスローンの審査に必ず通る方法を解説していきます。

ノンバンクの審査に100%通過する7つの方法

ノンバンクの審査に100%通過する7つの方法

審査が甘いと言われているビジネスローンですが、通らないことも普通にあります。中には、日本政策金融公庫や銀行のプロパー融資の厳しい審査に落ちてしまい、ビジネスローンによる事業資金の借入を検討している人も多いでしょう。

ビジネスローンの審査落ちは回避したいですよね。そこで、ここではビジネスローンの審査に必ず通る7つの方法を解説していきます。

1. 決算書の内容を完璧にする

ビジネスローンの審査では、主にスコアリングシステムという自動で貸倒率を計算するシステムが採用されています。スコアリングシステムで見られるのは、決算書の内容です。決算書の内容を元に収益性、安全性、返済能力を自動計算します。それぞれ以下のような計算がされ決められています。

収益性
・売上高経常利益率 = 経常利益 / 売上高
    望ましい状態 0.0%

・総資産経常利益率 = 経常利益 / {(期首総生産+期末総生産)/ 2}×100
    望ましい状態 6.0%

安全性
・当座比率 = 当座資産 / 流動負債 × 100
    望ましい状態 100%を超えている

・流動比率 = 流動資産 / 流動負債
    望ましい状態 200%を超えている

・固定比率 = 固定資産 / 自己資本
     望ましい状態 100%未満

・固定長期適合率 = 固定資産 / (固定負債+自己資本)
    望ましい状態 100%未満

・自己資本比率 = 自己資本 / 総資本
    望ましい状態 40%以上

返済能力
・債務償還年数 = 有利子負債合計-正常運転資金 / (純利益+減価償却費)
     望ましい状態 10年以内

・インタレストカバレッジレシオ = 営業利益 / 支払利息
    望ましい状態 2倍以上

以上がスコアリングシステムで計算されている決算書の内容です。この内容が完璧であれば間違いなく審査に通ります。

2. 事業計画と資金繰り計画を完璧に準備する

事業計画と資金繰り計画が完璧で且つ説得力があるものであれば通過率は100%に近くなります。事業に将来性があり、返済の見通しが立っていることを書類上でアピールすることで可決に近づきます。

注意点としては、伝えたいことが多すぎるあまりに書類が長くなってしまうこと。担当者にしっかりと読んでもらうには長すぎない書類であることが重要です。事業計画書、資金計画書は入念に練りこみ簡潔にまとめあげましょう

3.担保・保証人を用意する

無担保・無保証人で事業資金の借入ができるのがビジネスローンの特徴ですが、他の融資と同様に担保・保証人を用意することで審査通過率は劇的に上がります。

また、不動産などの担保や保証人を立てることで借入金額を引き上げることができます。なんとしても事業資金の借入をしなければならないというときは、担保・保証人を用意しましょう。

4. 借入希望額を少額に設定する

スコアリングシステムでは、借入希望額を高く設定すると、その分貸倒率が高くなるようになっています。必要以上に高額にしてしまうと審査落ちの可能性があるため、少額の借入を申し込みましょう。

5. 2年以上の業歴

ビジネスローンの審査の際に見られるものの一つが業歴。稀に1年以上あれば借入ができる業者もありますが、基本的には2年間以上の業歴を持っていることが前提になります。

6. スコアリングシステムを採用していない業者に申し込む

実はスコアリングシステムを採用していない会社はあります。それは、中小の消費者金融です。中小の消費者金融は大手と違い、費用のかかるスコアリングシステムを使うことができません。

あるいは、スコアリングシステムを使えるほどの過去のデータがないために採用していない場合もあります。

中小の消費者金融では、審査は担当者が行います。面談しながらの審査になるため、上手くアピールできれば審査は通過するでしょう。

7. 複数の業者に申し込む

審査落ちしてしまったら他の業者に申し込んでみましょう。しかし、同時に複数の業者に借入を申し込んでしまうと申込ブラックになってしまうので注意が必要です。申込ブラック状態になると半年間金融機関の審査に通りづらくなってしまうので気を付けましょう。

以上7つがビジネスローンの審査に100%通過するための方法です。審査落ちにならないことも重要ですが、もしそうなっても他の業者があるので気楽に申し込みをしましょう。

あまりにも審査に通らないようでしたら、他の方法を使って事業資金を調達することも視野に入れてみてください。以下では、最近注目されている資金調達の方法2つを紹介していきます

簡単に運転資金の調達ができる2つの方法

簡単に運転資金の調達ができる2つの方法

ビジネスローン以外の資金調達方法として、最近注目されているものに「ファクタリング」と「法人カード」があります。それぞれ特徴やメリットを解説していきます。

ファクタリング

ファクタリングとは、売掛債権をファクタリング会社に売却することで期日前に資金化する方法です。借入とは違いますが、ビジネスローンや法人カードと違い赤字や債務超過でも審査に通ることで注目されています

「事業資金が足りないけど、売掛債権はある」という状況であればファクタリングを使うことで瞬時に資金繰りが改善されます。なぜなら、ビジネスローンや法人カードローンと同じようにファクタリングも最短即日で入金されるからです。

また借入とは違うことがメリットにもなっています。ファクタリングは借入ではなく売却のため、負債にもならず会社の信用情報にも傷が付きません。このようなところが経営者達に評価され徐々に利用者が増えてきました。

以下でファクタリング会社の中でも審査が甘く、且つ信頼できる会社をまとめているので、事業資金の調達を考えているのであれば読んでみましょう。無料相談もできるので初めてでも安心して利用することができますよ。

>>審査の甘いファクタリング会社比較

法人カードローン

法人カードローンは、その名の通り法人カードを使って借入をする方法です。事業性のクレジットカードとして経費の支払に使われることが多いですが、即日、無担保、無保証人の融資を受けることもできます。

法人カードには総量規制がなく借入限度額を決めるのは審査。その審査も最短で30分程度で終わります。金利に関してはビジネスローンとほぼ変わらない利率9%~17%ほど。ビジネスローンで借入ができなかった場合検討しても良いかもしれません。

また、経費の支払のために事業資金の調達が必要なのであれば、借金をするのではなく法人カードで決済をするのもおすすめです。通常のクレジットカードと変わらず、決済時にお金はかからず1~2ヶ月後に支払になります。

これは無金利で1~2ヶ月間の借入ができるということ。個人事業主でも利用することができ、資金繰りの改善に役立ちます。

ファクタリングと法人カードの2つが最近注目されている資金調達の方法でした。事業資金を調達しようとしたとき、借入しか方法がないということはありません。様々な方法を検討してみると良いでしょう。

まとめ

今回は、ビジネスローンを中心に事業資金を借入で調達する方法を解説してきました。借入をする場合、必ず審査はあります。審査に通るために大切なのは、「完済」という実績を一つ一つ積み重ねていくことです。

実績を積み重ねることで日本政策金融公庫や銀行の審査にも通りやすくなります。そのために少額の借入から始めることをおすすめします。

また事業資金に困ったとき、借金をせずとも解決する方法があります。借入は負債を作ってしまうため、できるのであれば避けて通りたい道。借入を考える前に別の方法で解決できないか一通り検討してみましょう

>>事業資金に困っている人必見!資金調達方法一覧

人気ファクタリング会社のランキング
日本中小企業金融サポート機構
忙しいなら郵送ファクタリング一択!
・30分で審査準備ができる!
・社団法人だから非営利で安心
・買取額は制限なし!
・2社、3社、医療ファクタリングの取扱
・赤字、債務超過、個人事業主に対応
・手数料は8%~
アクセルファクター
最短即日のスピードファクタリング!
・3社間3000万円以下買取専門
・原則即日対応のスピード
・手数料は2%~
・2社間・3社間・診療報酬・介護報酬に対応
・法人、個人事業主(法人相手の売掛債権)申込み可
ベストファクター
日本中どこでも瞬時に対応!
・東京、大阪に拠点を置くファクタリング会社
・最短即日で融資
・無料の資金コンサルティング
・オンライン審査で手続き楽々
・全国出張サービス
・赤字、債務超過、税金滞納でも申込可