飲食業で資金ショートが起きてしまう理由とは?

競争が激しい飲食業、お客さんが入っているお店でも閉店してしまうこともしばしば。

お客さんはいるのにどうして資金ショートが起きてしまうのでしょうか?

飲食業では、食事をお客さんに提供し、その対価をお客さんから受け取ることによって商売が成り立っています。

現金での支払いしか受け付けていないのであれば資金ショートの心配は少ないですが、クレジットカード払いを受け付けた場合はどうでしょう。

資金としてのお金は入らず、クレジットカード会社に対する債権を保有していることになります。

最近クレジットカード支払いが普及しているので債券ばかりが増えてしまい、資金が不足してしまう事態が起きてしまうのです。

設備投資や給料支払、毎月払うものは多いのにクレジットカード会社からの支払は1ヵ月後

加えて大きな出費をしなければいけないとしたら資金ショートしてしまうことは用意に想像できます。

この記事では、飲食業の事業特性と、飲食業がファクタリングを活用するメリットについて解説していきます。

飲食業の事業特性

飲食業の事業特性

飲食業においては、食事を提供した後、お客さんがすぐにその対価を支払ってくれるので、資金が足りなくなるということは起こりにくいと考えがちです。

しかし、飲食業は様々な業種の中でも倒産が多い業種となっています。

倒産は赤字の状態だから起きるのではなく、支払うべき費用を支払えなくなった時に起きる現象です。

飲食業は、お客さんに食事を提供するために業者からの仕入れ代金、スタッフの給料、家賃も支払わなければなりませんし、食事に使う箸などの細々とした消耗品の購入も必要です。

飲食業においては、お客さんに食事を提供する前に様々な支払いが行われているということが分かります。

つまり、運営の費用が高い飲食業では少しでも資金調達が遅れてしまうと倒産のリスクが増加するのです。

これが飲食業において倒産が多い理由。

そしてここで、改めて飲食業の資金源を考えてみましょう。答えは簡単、「お客様」です。

では、単純にお客さんがたくさん来て繁盛しているお店は、資金繰りもうまくいくと一概に言えるのでしょうか?

いいえ、それは間違いです。

どんな人気店であっても、資金がショートしてしまうことは十分に考えられます

それはどのようなケースかというと、お客さんのクレジットカード支払いが多い店舗です。

お客さんがクレジットカードで支払いをすると、お店はカード会社に債権を持つことになりますが、その支払いは基本的に翌月末。

そのため、その月にどんなに売上があがったとしても、仮にそのすべてがクレジットカードによる支払いであった場合には、その売上が現金となるのは翌月のこととなってしまうのです。

こうした事情から、会社の資金繰りが一時的にショートしてしまうということは、飲食業においては十分に考えられることなのです。

上記のような不測の事態を回避するためにこそ、今回の記事での本題であるファクタリングの活用が有効となってきます。

ファクタリングは会社が所有する金銭債権をファクタリング会社に譲渡することで、その対価として支払期日よりも前に現金を手に入れることができる金融サービスのことを言います。

以下では、飲食業において、ファクタリングを活用するメリットについて詳しく説明していきましょう。

飲食業がファクタリングを利用するメリット

飲食業がファクタリングを利用するメリット

インターネットが広く普及している現在、お店の流行り廃りというのは飲食店も例外ではありません。

人気が出れば人が人を呼び、急に忙しくなるということもあるでしょう。

そんな急な状況の変化についていく資金が必要ですが、クレジットカード債権が多いお店では対応しきれません

そこでファクタリングを利用すれば、必要な分だけを資金とすることができるので、2号店をオープンする資金もできますし、より多くのお客さんを対応できるようにスタッフを雇うこともできます。

クレジットカード債権であれば債務者はクレジットカード会社ですので、ファクタリング業者も厳しい審査なしで資金提供してくれるでしょう。

売掛金や受取手形のような金銭債権よりも少額とはなりますが、クレジットカード債権も立派な金銭債権の1つです。

ただしクレジットカード債権のファクタリングは、ファクタリング会社の中でも取り扱っているのは少数に限られるため、業者選びに注意が必要となります。

今の時代、飲食店も流行が命。

お店の人気がでてきたら、それから売上を拡大するにはスピードが勝負です。

大量の仕入れと新しいスタッフの採用、更には新規店のオープンまで走り抜けるには、即日資金調達できるファクタリングだけなのです。

ファクタリング活用事例

ファクタリング活用事例

ここからは、飲食業に属する事業者が実際にファクタリングを活用した具体的な事例を紹介していきます。

体験に基づいた具体的な話を盛り込んでいますので、是非とも同業の飲食事業者の方は参考にしていただければと思います。

ファクタリングを活用して資金を調達!

いきなり自己紹介から入って恐縮ですが、私の会社では立ち食いスタイルのイタリアンレストランを経営しています。

立ち食いイタリアンなんて珍しいお店に興味を示していただけたようで、テレビ取材が殺到、お店も予約でいっぱいになりました。

そんな時、新規店を始めようという話が上がったのですが、何せ急だったのでその資金がありません

そこでクレジットカード債権を譲渡できるファクタリング会社があることを知り、利用してみることに。

飲食業を営んでいる私は、会社との取引がほとんどなかったため売掛金の金銭債権は所有していませんでしたが受けつけてくれました。

法人との取引がなかったので、ファクタリング会社に譲渡できるような金銭債権は持っていないと思っていましたが、クレジットカード債権でも良いんですね。

銀行のような面倒な書類の手続きはほとんどなく、審査も短時間で終わりました。

おかげで人気が収まってしまう前に事業拡大をすることができ、スタッフ増員による待ち時間も解消できたので、お客様の満足度も獲得できました

この経験で私自身が一番身に染みて実感した事ですが、移り変わりの激しい飲食業において、ファクタリングは有効な手立てです。

一時的にどうしても資金繰りがどうにもならないというような場合にこそ、ファクタリングを活用するべきだと思います。

ファクタリングを活用して資金繰りを改善!

私は飲食業のお店を始めたばかりの個人事業主です。

もともとの資金力が乏しかったものの、なんとかお店をオープンさせることができました

覚悟はしていましたが、お店をオープンしてからもなかなかお客さんが定着せず、たくさんのお客さんが来てくれる日もあれば、そうでない日もありました。

特に、雨が降ってしまうと客足は途絶えてしまいます。

そのため、どれくらいお客さんがその日に来てくれるのかが把握できておらず、余計に仕入れを行ってしまうことも続いていました。

さらに、そこに天候不順による原材料費の高騰が続いてしまい、原材料費が高くなってしまっていたものの、まだはじめたばかりのお店でいきなり値上げしてはお客様が余計に定着しないと感じ、値上げもできずにいました。

仕入れで原材料費がかかっても、その日に原材料を使い切れないこともありかなりのムダが発生していました。

お客様がどれくらいくるのかも予測できないため、その日の売上予測も立たないような状態でした。

時間ばかりが過ぎていき、もともとも乏しかった資金がどんどん少なくなって、毎日の資金繰りにも苦しむようになってしまいました

その対策として、金融機関から融資を受けられないか相談をしましたが、まだお店をはじめたばかりで実績がない状態では融資はできないと断られてしまい、途方にくれていました。

そんな時、ファクタリングを使えば一時的に資金繰りを改善することができるという話を耳にしました。

藁にもすがる思いで、ファクタリング会社に相談したところ、クレジットカード債権はあるかどうかを聞かれ、調べてみると私のお店ではほとんどのお客さんがクレジットカードで支払いを行っていたため、けっこうな額のクレジットカード債権があることがわかりました。

クレジットカード債権というのは信用力が高いので、手数料も他のファクタリングより少ないという話などもきくことができ、資金繰りが改善されるならとファクタリングを利用しようと思いました。

ファクタリングを活用したことで、仕入れ・食事の提供・入金という流れがよく分かるようになり、お店の資金繰り計画も立てやすくなったのは思わぬメリットだったと思います。

資金繰り計画がきちんとできるようになって、仕入れや売上予測もうまくいくようになり、結果としてお店の経営を軌道に乗せることができました。

特に、飲食業をはじめたばかりの頃は短期的な資金繰りに苦労する事も多いかと思います。

もし資金繰りに困ったら、ファクタリングの活用を強くおすすめします。

まとめ

飲食業においては、他の業界と比べると売掛金のような金銭債権がないことから、ファクタリングを活用できないと思われがちです。

しかし、今回様々な事例で確認してきた通り、飲食業においてもクレジットカード債権を利用すれば、ファクタリングが活用できます

クレジットカード債権のファクタリングは一時的な資金繰りに大きく役立ちます。

売掛金と比べると少額であることが多いですが、飲食業においては短期的な資金繰りに行き詰まってしまうことが多いので、クレジットカード債権が資金調達に使えるということを知っているだけで、資金難に陥った場合でも安心です

もちろん、長期的な目線で見れば他に注意すべき点等もありますが、そうも言ってられないほどに急を要する事態に陥っている飲食業界のあなたこそ、是非とも一度ファクタリングの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

人気ファクタリング会社のランキング
日本中小企業金融サポート機構
忙しいなら郵送ファクタリング一択!
・30分で審査準備ができる!
・社団法人だから非営利で安心
・買取額は制限なし!
・2社、3社、医療ファクタリングの取扱
・赤字、債務超過、個人事業主に対応
・手数料は8%~
アクセルファクター
最短即日のスピードファクタリング!
・3社間3000万円以下買取専門
・原則即日対応のスピード
・手数料は2%~
・2社間・3社間・診療報酬・介護報酬に対応
・法人、個人事業主(法人相手の売掛債権)申込み可
ベストファクター
日本中どこでも瞬時に対応!
・東京、大阪に拠点を置くファクタリング会社
・最短即日で融資
・無料の資金コンサルティング
・オンライン審査で手続き楽々
・全国出張サービス
・赤字、債務超過、税金滞納でも申込可