中小企業にはファクタリングで資金調達がおすすめ

中小企業が資金調達をしようとすると、取引が安定していても信用度に欠けてしまい銀行融資は難しいのが事実です

審査のために多くの書類を準備して、1ヵ月待ったとしても落ちてしまうことがほとんど。

スピードが命の資金調達に時間をかけている場合ではありませんよね。

そこで中小企業にとって心強いのがファクタリングという資金調達方法です。

今では「中小企業の味方」と言われはじめているファクタリング

まだ普及して間もないのでご存知でないかたもいらっしゃるかと思います。

そこで中小企業の経営者に注目されているファクタリングについて徹底的に解説します。

ファクタリング利用のメリットと中小企業向きな理由

ファクタリング利用のメリットと中小企業向きな理由

なぜファクタリングは中小企業に向いていると言われているのでしょうか?

3つの理由を説明していきます。

審査が易しい

ファクタリングの審査が易しいといわれている理由は審査基準が売掛先だからです。

ファクタリング会社は売掛金を買い取ります。

その売掛金を支払うのは売掛先なので、売掛先の信用度が重要なのです。

ファクタリングの審査とは?」でも説明したとおり、ファクタリングを申し込んだ企業が赤字や税金滞納でも、売掛先の信用があれば審査に多大な影響はありません

書類の準備が簡単

銀行融資は、揃えなければならない書類が非常に多いですよね。

決算書にはじまり、貸借対照表、試算表、さらに面倒なのが事業計画書、資金繰り表です。

非常に多くの書類を揃えなければ受けられない銀行融資と違い、ファクタリングは審査の対象が売掛先ですから、書類の準備が簡単です。

  • 商業登記簿
  • 印鑑証明
  • 決算書の写し
  • 売掛先との取引内容がわかる書類(請求書、契約書など)

最低限必要なのはすぐに準備できる書類ばかりです。

売掛金を証明できる書類があれば事足りるのがお分かりいただけるのではないでしょうか。

ただし必要書類はファクタリング会社によって微妙に違ってきますので、実際にファクタリングを利用する会社に事前に問い合わせておくことをおすすめします。

返済義務がない

ファクタリングは売掛債権を譲渡することで資金を調達する方法なので返済の義務はありません。

そもそも融資ではありませんので、返す必要がないのです。

たとえ売掛先が倒産しても、債権はファクタリング会社に譲渡しているので、一切責任がなくなるという特徴もあります。

少額から始められる

ファクタリングは100万円以下の売掛債権でも譲渡することが可能です。

一部のファクタリング会社では、さらに少額の5万円の売掛金でも買い取る会社があります。

ファクタリングは数億円もの現金をやりとりしているイメージがありますが、実は100万円以下の取引も多いです。

今月は現金が少し足りない、急な売上増で材料を仕入れる資金が足りないといった中小企業の悩みは、ファクタリングを利用すれば即日にも解決できます

売掛金の範囲内なら上限なし

中小企業が融資をうける場合、1000万円以上は審査が厳しくなるので実質的に上限があります。

しかしファクタリングなら売掛金の範囲内ではありますが、制限なく事業資金の調達ができるでしょう。

融資と比較!債権譲渡のデメリット

融資と比較!債権譲渡のデメリット

決算が赤字でも、少額からでも利用ができるファクタリングは、中小企業にとって夢のような資金調達方法です

しかし、メリットだけのように思えるファクタリングにもデメリットはいくつか存在します。

手数料がかかる

便利なファクタリングですが、審査が甘い分だけファクタリング会社が背負っているリスクも多いです。

そのためビジネスローンと同程度の手数料がかかります。

資金調達にかかる手数料比較」でも紹介しているので、気になる方はご覧ください。

売掛先への通知がある

ファクタリングのデメリットは、売掛金をファクタリング会社に譲渡する旨を売掛先に通知しなければならないことです。

「資金繰りに困っているらしい」というイメージを持たれやすく、今後の取り引きに悪影響がないとも言い切れません。

ただし2社間ファクタリングであれば売掛先に通知せず利用できます

悪徳業者がいる

ファタリング会社の中には、ごく一部ですが悪徳業者が紛れ込んでいます。

安い手数料を提示してきたあと、保証料を請求してきたり担保を要求してきたりと、あらゆる手段を使って現金をだまし取ろうとします。

ファクタリング会社を選ぶ際には、ホームページを確認するなどの対策が必要です。

ファクタリング会社と利用契約するときのポイント

ファクタリング会社と利用契約するときのポイント

ファクタリングは基本、対面での契約が原則ですが、他にもファクタリング会社を利用して契約するまでのポイントについてみていきましょう。

中小企業との契約実績がある

ファクタリング会社が今まで契約してきた会社に中小企業との契約実績があるのが望ましいです。

国内には1,000を超えるファクタリング会社が存在します。

口コミや、実際の利用者の実績を参考にし、営業年数や会社の規模も確認しておきましょう。

審査方法が簡単

ファクタリング会社によっては審査が非常に簡単な会社があります。電話1本で最短即日にでも資金を調達できる会社もあるほどです。

しかし、ファクタリング会社を初めて利用するなら、複数の会社に相談して比較することが大切です。

2社間ファクタリングを選べる

ファクタリング会社には、売掛先に通知をする3社間ファクタリングしか取り扱っていない会社もあります。

3社間ファクタリングはデメリットで述べたように取引先に連絡をしなければ契約ができないため、2社間ファクタリングを選べるファクタリング業者がおすすめです。

最後に

ファクタリングは、10万円から50万円といった少額からでも資金を調達できる中小企業の味方ともいえる優れたサービスです。

資金繰りに困ったときに即日にも資金調達できるので、資金繰り改善に役立つでしょう。

人気ファクタリング会社のランキング
日本中小企業金融サポート機構
忙しいなら郵送ファクタリング一択!
・30分で審査準備ができる!
・社団法人だから非営利で安心
・買取額は制限なし!
・2社、3社、医療ファクタリングの取扱
・赤字、債務超過、個人事業主に対応
・手数料は8%~
アクセルファクター
最短即日のスピードファクタリング!
・3社間3000万円以下買取専門
・原則即日対応のスピード
・手数料は2%~
・2社間・3社間・診療報酬・介護報酬に対応
・法人、個人事業主(法人相手の売掛債権)申込み可
ベストファクター
日本中どこでも瞬時に対応!
・東京、大阪に拠点を置くファクタリング会社
・最短即日で融資
・無料の資金コンサルティング
・オンライン審査で手続き楽々
・全国出張サービス
・赤字、債務超過、税金滞納でも申込可