即日入金は本当にできる?ファクタリングの真実

ファクタリングを利用しようとすると、「即日入金可能」という文言をよく目にしますよね。

実際に即日での入金が可能なのか、ファクタリング業界を独自調査をしたので、その内容をまとめていきます

ファクタリングで即日の資金調達を実現する方法

ファクタリングで即日の資金調達を実現する方法

結論から言うと、ファクタリングでの即日の資金調達は可能です。しかし、実際のファクタリング利用者は、ほとんどが早くても翌日入金になっています。

実は即日入金を実現するためには、2つ重要な要因があります。

1つは、ファクタリング会社が即日入金をする実力があること。そしてもう1つは、利用者側が即日入金を可能にするための準備をしていることです。

その準備とは、どのようなものでしょうか。以下で解説していきます。

必要書類の準備

ファクタリングの入金が翌日になってしまう理由のほとんどが必要書類の準備に時間がかかっているからです。先に何の書類が必要なのか知り、準備をしておきましょう。

以下がファクタリングの審査から契約まで円滑に進めるための必要書類です。

  • 本人確認書類
  • 決算書(直近3期分)
  • 資金繰り表
  • 通帳
  • 売掛金証明資料(契約書、請求書など)
  • 税金・社会保険関係書類
  • 事業説明資料(会社のパンフレットなど)
  • 履歴事項全部証明書(商業登記簿謄本)
  • 印鑑証明書

それぞれ必要になる理由を以下の記事で簡単にまとめています。
参考までに見ておいてください。

>>1分で分かるファクタリング必要書類のすべて

このようにファクタリングの審査から契約までを円滑にするための書類は多くあります。これらの書類を集めるために時間を要してしまい翌日入金になってしまうのです。

実際にいくつかのファクタリング会社に聞き込みをしたところ、ほとんどの会社が「即日入金を実際にしたことはあるが、クライアントの書類提出までにかかる時間次第。」という回答でした。

つまり、上記書類を用意し、且つ審査に通れば即日入金はできるということです。しかし、即日入金を実現するためにはもう1つ重要なポイントがあります。

以下で解説します。

相談・申込み時間

即日入金を実現するためには、午前中にファクタリング会社に連絡をすることが重要です。いかに対応の早いファクタリング会社でも、午後に問い合わせが来てしまうと即日入金はできません。即日での資金調達を考えているのであれば、午前中の早い時間に相談、申込みをしましょう。

以上2つがファクタリングで即日の資金調達を実現するための方法です。この2つを守っていれば、ほぼ確実に即日で資金調達できるでしょう。

また、即日で資金調達をするためには、即日で入金することができるファクタリング会社を選ばなければなりません。そこで以下では、入金までが早い厳選の5社を比較していきます。

【厳選】入金までが早いおすすめ5社を比較!

【厳選】入金までが早いおすすめ5社を比較!

以下の5社は入金までのスピードが早い会社です。プロフェッショナルが集まっているため迅速な対応が可能です。正直こちらの5社であればどこに任せても問題ありませんが、それぞれ手数料別に比較したので見ていきましょう。

会社名手数料問い合わせ電話番号
日本中小企業金融サポート機構8%~0120-949-937
アクセルファクター5%~0120-542-463
ベストファクター2%~0120-161-013
ビートレーディング2%~0120-949-099
ジャパンマネジメント3%~なし

>>より詳しく比較している記事はこちら

特徴・強み

上記5社の特徴や強みを簡単に紹介していきます。

日本中小企業金融サポート機構の特徴

ファクタリング業界唯一の非営利団体。利益追求していないため、余計な手数料はとりません。手続きを郵送で完了させることができるため、出張費を抑えることもできます。

アクセルファクター

ファクタリング業界には珍しい小口買取専門のファクタリング業者。買取金額は下限がなく、上限は500万円までという正真正銘の小口買取専門業者です。

ベストファクター

急場の対応に強い会社。東京と大阪に拠点があるため西日本の経営者にもすぐに対応できる。書類をアップロードするだけのオンライン審査が利用できる。

ビートレーディング

ファクタリング業界の中で圧倒的な実績を持っている。早さ、対応力、手数料など全てにおいて高水準。

ジャパンマネジメント

福岡と東京に事務所がある。東日本はもちろん九州での対応の早さが売り。

まとめ

銀行融資などの借入と違い、ファクタリングは債権の売却なので即日入金が可能です。その即日入金を実現するためには、スムーズに審査から契約までを済ませることが必要になります。

ファクタリングを使うときは切迫しているときが多いと思います。そうであるからこそ落ち着いて書類を集めることで素早い資金調達を実現しましょう

おすすめの記事