債権者が得られるメリットとは?ファクタリングの基礎

ファクタリングは売掛債権をファクター(ファクタリング会社)に売却することで早期に資金化する資金調達方法。

債権者にメリットがあるからこそ存在するサービスですが、具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか。

この記事では、債権者が抱えているメリットとリスクを解説していきます

債権者が知っておくべきファクタリング5つのメリット

ファクタリング5つのメリット
債権者がファクタリングを使うことによってどのようなメリットが得られるのでしょうか。ここでは、債権者が得られる5つのメリットについて解説していきます。

資金化が早い

ファクタリングの1番のメリットとも言えるのが、資金化するまでの早さです。最短即日で売掛債権を現金化することができます。「申込みがあった日に対応、翌日に入金」というのが基本的な流れですが、債権者の準備次第で即日入金が可能になります。

>>即日入金を実現する方法

資金調達の王道、銀行融資は1ヶ月~2ヶ月かかるので、そう考えるとありえない早さですね。急ぎで資金が必要になったときの強い味方になるでしょう。

審査が甘い

こちらもファクタリングの特徴とも言えますが、審査が甘いことも債権者にとってはメリットになります。審査が甘いのは、ファクタリングの審査対象が売掛先だからです。

ファクタリングは債権の買取。つまり売掛先から、売掛金の支払いが確実に行われるかどうかを重視しています。

債権者のことを全く見ていないかと言うとそうではありませんが、売掛先を特に重要視しているため、債権者に赤字や債務超過、税金の滞納があっても審査に通るのです。

>>【厳選】審査の甘いファクタリング会社を比較!

信用情報に影響がない

銀行融資などの借入をした場合は負債になりますが、ファクタリングは債権を売却するだけなので負債にはなりません。負債を負うと貸借対照表上の負債項目が増えることになるので、その分信用は下がります。

また、借入ではないので融資枠を温存しながら資金調達することができる点もメリットの1つです。融資枠はいざというときのためにとっておきたい、という場合に持ってこいの資金調達方法でしょう。

オフバランス化が図れる

オフバランス化とは、貸借対照表(バランスシート)から資産を外す(オフ)ことです。資産を外すことで経営指標を良く見せることができます。良くなる経営指標は、総資産利益率(ROA)と自己資本比率の2つ。

簡単に言うと、オフバランス化する前よりも少ない資産で同じだけの利益を上げているという見え方になります。見せかけの数字ですが、経営指標が良くなると株価が上がる、融資審査に通りやすくなるといったメリットがあります。

ファクタリングを利用することで債権者にこんなメリットもあるのです。

担保・保証人が要らない

ファクタリングは、借入ではなく売掛債権の売却なので担保や保証人が必要ありません。銀行融資では、担保・保証人を付けるのは当たり前。それがいらずに資金調達できるのは、大きなメリットですね。

以上の5つが債権者がファクタリングを使う場合のメリットです。このようにファクタリングは資金調達できるだけではなく別のメリットも付随します。しかし、決して良いことばかりではありません。ファクタリングには、リスクと注意点があります。

気を付けておきたいポイントを3つ、以下で説明していきます。

利用前に要確認!リスクと注意点とは?

ファクタリングのリスクと注意点
良いことがあれば悪いことがあるのが世の常。ファクタリングは債権者にとって多くのメリットがありますが、良いところばかりではないのです。ここでは、ファクタリング利用時に注意するべき3つのポイントを解説していきます。

売掛先に知られる可能性がある

ファクタリングを使うことが売掛先に知られないためにできたのが2社間ファクタリングですが、絶対に知られないわけではありません。ファクタリングを使う場合、債権譲渡登記が必要になります。

その登記簿を見られてしまうと売掛先にファクタリング利用を知られてしまいます。ファクタリング利用を知られてしまうと、売掛先に「資金繰りに困っている。」と判断されてしまい、最悪の場合取引の解消をされてしまいます

登記簿をわざわざ取得して見ることはほとんどありませんが、知られるリスクがあるのは事実です。

償還請求権の有無

償還請求権とは、ファクタリング会社が貸倒リスクを回避するための権利です。通常、債権買い取り後に売掛先が倒産した場合、ファクタリング会社が全損害を被ります。

しかし、償還請求権付きのファクタリング契約だった場合、ファクタリング会社は元の債権者に損害を保証させることができるのです。償還請求権は、ファクタリング手数料にも作用します。

償還請求権付きのファクタリングだと手数料が安く、償還請求権がないと手数料が高くなります。償還請求権付きであればファクタリング会社が売掛金の回収に対して負うリスクが低くなるためです。

償還請求権の有無にはメリット、デメリットどちらもあるので契約時には確認を怠らないようにしましょう

悪徳会社の存在

ファクタリング利用にあたって一番注意したいのが、悪徳会社です。ファクタリング業界の仕組み上、悪徳会社がどうしても居なくなりません。ファクタリング会社になりすました悪徳会社は、高金利での貸付などの違法行為を平気でしてきます。

資金繰りに困っている経営者に甘いことを言って騙そうとします。悪徳会社に引っかからないためには、ファクタリング会社の口コミを見ることや事務所の住所があるのかどうかを確認することが重要です。

>>悪徳会社に注意!見破る方法とは?

以上がファクタリングを利用する際の注意点です。ファクタリングはメリットばかりではありません。リスクもあるので利用の際は注意が必要です。

続いて、ファクタリングを他の資金調達方法と比較した場合のメリットを見ていきましょう。

他の資金調達方法と比較してみよう!

ファクタリングと他の資金調達方法の比較
ここでは、ファクタリングと同じく売掛債権を利用した他の資金調達方法との比較を見ていきましょう。売掛債権を利用した資金調達方法は、手形割引と売掛債権担保融資の2つ。それぞれ順番に見ていきましょう。

手形割引

手形割引とファクタリングを比較した場合のメリットは以下の通りです

ファクタリングのメリット

  • 入金が早い
  • 負債にならない
  • 審査が甘い
  • 保証義務がない
手形割引のメリット

  • 手数料が安い

両者を比較すると、手形割引におけるメリットはファクタリングに比べて手数料が安いことの他にありません。手数料相場は、ファクタリングが5~25%(2社間ファクタリングの場合)、手形割引が1.5~20%程度です。

しかし、手形割引も銀行や信用金庫で受ける場合は1.5~5.5%の手数料で受けられますが、専門業者に依頼する場合は5~20%になるのでそこまでの変わりはありません。

続いて売掛債権担保融資との比較を見ていきましょう。

売掛債権担保融資(ABL)

ファクタリングと売掛債権担保融資のメリット比較は以下の通りです。

ファクタリングのメリット

  • 入金が早い
  • 負債にならない
  • 審査が甘い
  • 融資枠が減らない
売掛債権担保融資のメリット

  • 金利(手数料)が安い
  • 分割返済

こちらも手数料(金利)においてファクタリングより売掛債権担保融資に分があります。また、ファクタリングは債権売買なので、売掛先から入金があった場合一括でファクタリング会社に送金する必要があります。

一方で売掛債権担保融資は借入なので、分割になり資金繰りを圧迫せずに返済していくことが可能です。

以上がファクタリングと同じく売掛債権を使った資金調達方法との比較です。債権者にとってどれもメリットがあるので一概にどれが一番良いとは言えません。その場に合った調達方法を選択していきましょう。

まとめ

今回は、ファクタリングが債権者にもたらすメリットについて解説してきました。売掛債権を期日前に資金化できるため、資金繰りに困ったときの資金調達方法として便利ですが、決してメリットばかりではありません

利用する際は、リスクや注意点を確認の上利用してください。また、売掛債権を使った資金調達はファクタリングだけではないので、そちらもあわせて検討してみることをおすすめします。

以下は、あらゆる資金調達方法の一覧です。

>>即日で資金調達ができるファクタリング会社を比較!

参考までに読んでみてください。

おすすめの記事