似ているようで違いがある?ファクタリングと手形割引

ファクタリングを他の資金調達方法と比較するとき、よく引き合いに出されるのが手形割引です。両者には明確な違いがあるはずなのに比較されるのは、その気質が似ているからです。

ファクタリングは売掛債権を売却し資金化するもの、手形割引は受取手形を担保に融資を受けるもの。ファクタリングも手形割引も、ともに売掛債権を資金化しています。

それでは、この2つのどこに明確な違いがあるのでしょうか。その両者の違いを以下で解説していきます

ファクタリングと手形割引の違いとは?3つのポイント

ファクタリングと手形割引の違いとは?3つのポイント

ファクタリングと手形割引それぞれの違いを見ていく前に、簡単に「ファクタリングとは」と「手形割引とは」を振り返りましょう。

ファクタリングとは

ファクタリングとは売掛債権をファクタリング会社に売却することで支払い期日よりも前に資金化する方法です。2社間ファクタリングが一般的であり、仕組みは以下の画像の通りです。

ファクタリングの仕組み

売掛債権をファクタリング会社に売却し資金化。その後売掛先から入金があったら、そのままファクタリング会社に送金する流れです。ファクタリングを利用したことは、売掛先には知られません。

手形割引とは

手形割引とは、売掛先から振り出された約束手形(受取手形)を担保に銀行や専門の業者から融資を受ける資金調達方法です。融資額が、銀行や専門業者が金利に相当する分の手数料を割り引いた金額になるため手形割引と呼ばれています。手形割引の仕組みは以下の図の通りです。

手形割引の仕組み

取引先が手形で代金を支払います。受け取った手形を銀行や専門業者に持っていき、手形割引を受ける流れです。手形割引は売掛先が取引銀行に入金して決済が完了します。

ファクタリングと手形割引の違い

ファクタリングと手形割引には明確に違うポイントが3つあります。1つずつ順番に解説していきます。

保証義務の有無

1つ目は保証義務の違いです。ここで言う保証とは、売掛債権を期日前に資金化したあとに、売掛先が倒産してしまった場合の保証を指します。

ファクタリングには、その保証義務はなく債権売却後に売掛先が倒産した場合はファクタリング会社が損害を被ることになります。一方で手形割引には、保証義務があるため売掛先が倒産した場合は、あなたの会社が損害を被らなければいけません。

銀行や専門業者、ファクタリング会社側が保証を求める権利を償還請求権と言います。ファクタリングでもこの償還請求権がある場合があるので注意が必要です。

※ファクタリングの場合、償還請求権の有無は会社によって異なります。契約の際は確認してみましょう。

審査

2つ目は審査の違いです。ファクタリングの審査は、申込み会社より売掛先の信用を重要視しています。もちろん申込み会社も審査対象ではありますが、売掛先の信用次第で赤字や債務超過や税金の滞納があっても通過するのです。

その一方で、手形割引の審査は赤字や債務超過や税金の滞納があると通りません。手形割引は、あくまで手形を担保にした融資。融資審査を受けたことがある人は分かるかと思いますが、甘いものではありませんね。

手形割引を利用する場合は、万全の準備が必要です。

手数料

3つ目の違いは手数料の割合です。
それぞれの手数料相場はファクタリングが5~25%程度(2社間ファクタリングの場合)、手形割引が1.5~20%程度です。

>>ファクタリングの手数料相場とは?

手形割引の場合、銀行や信用金庫で受ければ1.5~5.5%ほどに抑えることもできます。一方でファクタリングは、3社間ファクタリングを利用しない限りは、1.5~5%の手数料に抑えることができません。

資金調達にかかる経費もファクタリングと手形割引の違いです。

以上3つがファクタリングと手形割引の抑えておくべきポイントです。そして実は、サービス自体の違いではありませんが、見落としがちな違いがもう1つあります。以下でその内容を解説していきます。

仕訳すると分かる?見落としがちな注意点とは

仕訳すると分かる?見落としがちな注意点とは

ファクタリングと手形割引の違いは分かったと思います。しかし、実はもう1つ見落としがちな違いがあるのです。それは、貸借対照表上での見え方。どういうことか、以下で解説していきます。

前提として、ファクタリングは債権の売却であり借入ではないため負債扱いはされません。一方で手形割引は、手形を担保にした融資なので負債扱いになります。

つまり、ファクタリングを利用しても「ファクタリングを利用した。」という履歴は貸借対照表からは分かりませんが、手形割引を利用すると貸借対照表上にその記録が残ってしまうということです。

その履歴は、銀行融資やビジネスローンの借入の審査に影響します。大きい額を手形割引した記録があると審査に通り辛くなってしまうのは言うまでもありませんね。

売却と融資の違いは、意外なところに影響が出てくるので一つ知識として覚えておきましょう。

>>ファクタリングの仕訳方法とは?

最近の売掛債権のあり方とは?変わりゆく資金調達方法

最近の売掛債権のあり方とは?変わりゆく資金調達方法

売掛債権は、売掛先からお金を回収する権利ですが、そのあり方が変わってきています。売掛債権を利用した資金調達が活発になってきているのです。その理由の1つとして経済産業省が売掛債権の利用を促進している背景があります。

参考:経済産業省-中小企業庁「売掛債権の利用促進について」

上記記事の内容は、中小企業が土地や建物などの不動産だけでなく、売掛債権を使って資金調達することを勧奨しているものです。

売掛債権を使った資金調達の方法は、主に以下の3つ。

  • 手形割引
  • ファクタリング
  • 売掛債権担保融資

手形割引は、日本の商習慣において昔から使われてきた方法ですが、特にここ10年ほどはファクタリングと売掛債権担保融資が注目されてきています。経済産業省が勧めているのもありますが、手形による取引が減少していることも理由の1つです。

手形の場合、発行した企業が支払ができず不渡りになると「銀行取引停止処分」になるため、通常の掛け売りより確実に債権回収ができるメリットがあります。

それにも関わらず減少しているのは、手形の支払サイトの長さ故です。手形の支払サイトは最長で半年になります。そうなると手形割引をするのが当たり前になってしまいますよね。

しかし、銀行は手形割引をしたがらなくなっているのです。理由は、大企業が手形取引から徐々に遠ざかり、手形の信用力が低下しているためです。

このように、手形によるメリットが薄くなっており、通常の掛け取引が盛んになっています。そして掛け取引が盛んになることによって、ファクタリングと売掛債権担保融資が注目されるようになったのです。

まとめ

今回は、ファクタリングと手形の違いと売掛債権について解説してきました。ファクタリングと手形には、明確な違いがありますが、それぞれにメリットデメリットがあります。

償還請求権の有無や審査、手数料に違いはあれど、どちらが良くてどちらが悪いとは言えません。財務状況にあった方法をその都度選択していくのが賢い経営です。

また、以下でより詳しくファクタリングのメリットとデメリットを解説しています。

>>ファクタリング5つのメリットと3つのデメリット

あわせて参考にしてみてください。

人気ファクタリング会社のランキング
日本中小企業金融サポート機構
忙しいなら郵送ファクタリング一択!
・30分で審査準備ができる!
・社団法人だから非営利で安心
・買取額は制限なし!
・2社、3社、医療ファクタリングの取扱
・赤字、債務超過、個人事業主に対応
・手数料は8%~
アクセルファクター
最短即日のスピードファクタリング!
・3社間3000万円以下買取専門
・原則即日対応のスピード
・手数料は2%~
・2社間・3社間・診療報酬・介護報酬に対応
・法人、個人事業主(法人相手の売掛債権)申込み可
ベストファクター
日本中どこでも瞬時に対応!
・東京、大阪に拠点を置くファクタリング会社
・最短即日で融資
・無料の資金コンサルティング
・オンライン審査で手続き楽々
・全国出張サービス
・赤字、債務超過、税金滞納でも申込可