会計の基本!売掛金とはいったい?

会計の教科書を紐解けば必ず出てくるのが「売掛金」です。

売掛金は販売活動における未収金という扱いですが、売上債権・手形・債権といった似ている言葉の意味まではご存知でない方も多いのではないでしょうか?

この記事では、売掛金とは何かを明らかとし、その後で売掛金と似た勘定科目である受取手形や未収金との違いについて詳しく説明します

売掛金とは?その意味と仕組みを分かりやすく説明

売掛金とは。その意味と仕組みを分かりやすく説明

会計処理で必ずみる売掛金。

ご存知の方も多いと思いますが、確認の意味で仕組みとともに紹介していきます。

売掛金の意味

売掛金とは、通常1~2ヶ月以内に代金の決済が行われる債権です。

本当は納品やサービスを販売したら、現金で受け取るのが理想ですが、そうはいきません。

会社では商品の販売が頻繁に行われるからです。

販売ごとに入金を確認するのは非常に煩雑ですし、時間や手数料もかさみます。

そのため商品の購入代金は後でまとめて支払ってもらうことにしたものが 「売掛金」ということになります。

以下では、会計の基本である売掛金について具体的に説明していきます。

売掛金が発生するタイミング

売掛金が発生するのは、売り上げを認識したときです。

売上が計上されるのは、商品やサービスを提供してその代価を受け取った時点となります。

なぜ掛け取引が存在するのか

なぜ掛け取引が多いのでしょうか?

それは売上のたびに代金を決済していると代金回収の手間や費用が増えてしまうからです。

その手間やコストを少なくするのが、掛け取引

掛け取引では、半月や1ヶ月ごとにまとめて代金を決済するようにすることで、代金回収のコストや手間を削減する効果があるからです。

売上債権・受取手形・未収金との違い

売上債権・受取手形・未収金との違いはご存知でしょうか?

会計処理をしている人には簡単かもしれませんが、説明するとなると難しいと思います。

そこで以下では売上債権・受取手形・未収金の違いを簡単に紹介していきましょう。

売上債権と売掛金、受取手形との関係

まずは売上債権と受取手形との関係を説明していきます。

売上債権とは
販売取引の際に代価として受け取る債権の総称。
売上債権の具体的な勘定科目には、売掛金・受取手形・未収金といった勘定科目があり、いずれも商品やサービスの提供は行ったがまだ代金は回収していないという意味で同じです。

つまりは売掛債権のなかに、売掛金と受取手形があります。

では、売掛金と受取手形にはどののような違いがあるのでしょうか?

一番の違いは、 売掛金が口約束で、受取手形が法律上の約束に該当するということです。

売掛金は「商品の代金は近いうちに支払うからつけでお願いします」という会社同士の信頼で成り立っています

売掛金には法律的な期日や支払い義務の拘束力が弱いので、信用できる会社としか活用できません。

一方、受取手形は法律の拘束力を有しているのため、いかなる会社でも支払い義務が生じます。

実際の現場では 信用できる取引先であれば売掛金で代金を受取りますし、あまり信用できない取引先である場合には、受取手形で代金を受け取るなど、使い分けられているのです。

売掛金と未収金の違い

未収金とは
未だ回収できていない資金のことを言います。

売掛金もまだ回収できていない資産という意味では同じですが、この2つの勘定科目にはどのような違いがあるでしょうか?

営業取引の中で発生した未回収代金であるか、そうでないかによって区別されます。

売掛金は営業取引における未回収代金で、一方、未収金は営業取引以外の未収代金を指すのです。

上で説明してきたように、会社には資金となる債権が多く存在します。

会社の資金となる重要な売掛債権ですが、どのように管理をしていけば経営のリスクが少なくなるのでしょうか?

そのため、以下では売掛金の管理・回収方法、そして貸倒リスクをどうやって減らしたら良いかについて詳しく解説していきます。

どう管理するのが正解?回収の仕方と貸倒リスクを減らす方法

どう管理するのが正解?回収の仕方と貸倒リスクを減らす方法

売掛金を回収できないという事態は、会社の中に資金が流入せず、会社の資金繰りが困難となります。

そこで管理方法が重要となりますので、以下で紹介していきましょう。

売掛金の管理方法

売掛金の管理においては、取引先の売掛金の状況を一覧できるようにしておきましょう

効率的に管理するために、まずは売掛金管理を次の3つに分類することから始めます。

与信管理・受注販売管理・回収管理 の3つです。

与信管理とは
取引先の審査をして掛取引の限度額を設けることです。

取引先の支払能力をきちんと評価し、円滑な債権回収ができるよう、掛取引の限度額を設けておきましょう。

いくら長い付き合いの取引先でも、必要以上の掛取引は貸倒れリスクを高めてしまうので可視化が重要です。

つぎに受注販売管理を実施しましょう。

受注販売管理とは
売上高の変動を誤処理しないような体制を整えることです。

売掛金を正しく把握するためにも。売上戻り・値引き・割戻など、売上高から差し引かれた場合の仕訳処理の方針を明確おきましょう。

売上高が変動するということは、すなわち売掛金が変動するということです。

原因となりえる仕訳処理を決めておけば、売掛金の管理ができるでしょう。

最後に、売掛金管理プロセスの中で最も重要な売掛金の回収管理です。

売掛金をきちんと回収できているかどうかは、会社に現金がきちんと入ってきているかどうかを左右する情報。

売掛金の不明残高やマイナス残高の発生を防止するためには、取引先からの売掛金の入金の確認を逐一行うのが重要です

特に、売掛金を発生日毎に関する「売掛金年齢表」を作成するか、得意先に対して書面による残高確認をすると効果的と言えます。

以上の3つの方法で売掛金を管理すると経営におけるリスクが減少するでしょう。

しかしいくら管理をしていても貸し倒れは起きてしまいます。

そこで売掛金を回収できないときの対処方法を紹介していきます。

期日に回収できない時の対処法

売掛金が期日に回収できていない場合には、まずは取引先に対して電話・メールによる確認を行いましょう。

ほとんどの場合は、「払ったつもりでいた」や「忘れていた」などの単純ミスであることが多いので、確認するだけで入金されることが多いです。

その際には、入金予定日をきちんと確認しておきましょう。

もし、取引先に確認できないような場合には、催促状の郵送や内容証明郵便を用いて代金の支払いを促してください

貸倒リスクがあるならファクタリングを有効活用

いかなる対策をしても売掛金の貸倒リスクを避けることはできません。

売掛金には法的拘束力がないので、取引先が倒産すると支払いを期待できないでしょう。

そこで回収できない貸倒れリスクを避ける一つの方法として、ファクタリングを活用するのがおすすめです。

貸倒リスクをなくすファクタリングとは?

最後に

売掛金は、将来会社に資金の流入をもたらす債権の一種です

会社を継続するためには、売掛金の管理は非常に重要。

販売活動に関する証憑をきちんと書面でまとめて管理し、売掛金の入金期日が遅れていないか、取引先に掛取引の与信を与えすぎていないかどうかを逐一確認する管理体制を構築することが求められます。

おすすめの記事