輸出業は必見!国際ファクタリングのサービスとは?

「輸出代金の回収を代行してくれる国際ファクタリングの仕組みはどうなっているの?」

国際ファクタリングは、輸出取引における代金回収業務を確実にする仕組みです。

輸出業に携わっている方にとって代金回収は重要ですが、海外とのやり取りに時間がかかったり、商取引の習慣が違うので問題点もしばしば。

そんな輸出業者の悩みを解消してくれるのが国際ファクタリングというサービスです。

国際ファクタリングを利用することで、輸出時に海外の販売先に対する売掛債権をファクタリング会社に保証してもらえます。

国債ファクタリングを上手く駆使すれば、海外企業相手であっても簡単かつ安心して代金回収を行う事が可能です。

>>>国内版である保証ファクタリングについて詳しく見る

そこで今回は、国際ファクタリングについて詳しく解説していきます

国際ファクタリングとは?輸入企業から確実に債権回収する仕組み

国際ファクタリングとは?その仕組みを徹底解説

前述の通り、国際ファクタリングとは、輸出取引における代金回収業務を確実にするサービスです。

以下ではそんな国際ファクタリングの概要詳細と、その仕組みについて説明していきます。

国際ファクタリングの概要

輸出取引における代金回収業務を確実にできるのが国際ファクタリング。

もともとは取消不能信用状や保証状を入手して、輸出国の輸出貿易保険等を利用するのが一般的な方法でした。

しかし取引が煩雑で長期間を要するために、輸入業者の信用リスクを避ける場合はファクタリングを利用するという新しい選択肢が生まれたのです。

輸出業者はファクタリング業者から売掛債権分の代金を100%回収でき、安全に国際的な商取引を結ぶことが出来ます。

国際ファクタリングでは、全世界のファクタリング会社が連携しているので、日本では大手銀行系列のファクタリング会社しかそのサービスを提供できないため、利用可能な国には制限がありますし、比較的大口の取引に限定されています。

国際ファクタリングの概要を見たところで、続いて国際ファクタリングの仕組みを見ていきましょう。

国際ファクタリングの仕組み

国際ファクタリングは、ファクタリング会社に手数料を支払い、もしも輸入業者が支払いをしなかった場合にファクタリング会社が保証するという仕組みです。

つまり、ファクタリング会社に債権の回収を「委託」をしています。

輸入業者は、あらかじめ輸出業者と取り決めた期日までに、別の取引に係る代金をファクタリング会社が指定する金融機関まで支払うのです。

ファクタリング会社は、支払いを確認したら、売掛債権の額面と債権譲渡に係る手数料を差し引いて輸出業者に代金を支払います。

双方がファクタリング企業を間に介在させて取引を行うため、効率的かつスムーズにファクタリングが実施されるというわけです。

では、そんな国際ファクタリングが近年、特に輸出業において人気を帯びてきた背景について、引き続いて見ていきましょう。

海外輸出業でファクタリング取引が主流になってきた背景

海外輸出業でファクタリングが主流になってきた背景

自社の商品を海外へ輸出している会社は、取消不能信用状や信用状を利用していましたが、最近はファクタリングの活用が主流になってきています。

以下では、海外輸出業において、国際ファクタリングが主流となってきた背景を詳しく紹介していきます。

そもそも輸出業が抱える問題点とは?

海外輸出業の場合、取引相手の信用情報が国内の取引と比べて入手しにくいため、相手の支払い能力を見極めることが難しく、貸し倒れリスクを正確に見積もることができないことが問題です。

この傾向は、十分に取引相手の信用リスクを調査できない中小企業・小規模事業者において顕著。

そのため、債権管理・回収に係るリスクをどのようにヘッジするかが重要な課題として認識されるようになりました。

その結果、国際的に取引をする場合は国内外のファクタリング会社を活用して、海外取引先との取引の安定性を必要性が生じたのです。

こうした背景のもとで解決策として主流になっていったのが、信用状。

以下で、そんな信用状の役割について詳しく説明していきましょう。

貿易信用状(L/C)の役割

貿易信用状とは英語でLetter of Creditと呼ばれ、日本では「L/C(エルシー)」と呼ばれることが多いです。

貿易信用状は、現地の銀行が輸入業者の口座を作成し、輸出業者に対して輸入代金を支払うことを確約する書類として役立てられています。

簡単に言えば、L/Cとは輸出者に対して対価を支払うことを、銀行が保証する書類です

貿易取引においては、商品の売買契約はお互いに外国の会社との契約となることから、輸出者側は商品を送っても間違いなく代金が受け取れるかどうか等について不安を抱えています。

一方で輸入者側は、代金を前もって支払った場合に、商品が間違いなく送られてくるかどうかについて不安を抱えています。

そこで、輸出者・輸入者双方の不安を解消し、取引の円滑化を図ることを目的に役立てられているのが信用状であり、信用状があることによってスムーズな貿易取引が可能となるのです

信用状は法的にその権力が認められているものであり、絶対的な効力を持つ書類。

そのため、国際貿易において信用状は必要不可欠だったのです。

しかし信用状を請求するのが煩雑であることと、手続きに時間がかかることから信用状を利用した取引が、近年ではあるものに置き換わりつつあります。

次項で詳しく見ていく事としましょう。

L/Cから国際ファクタリングへ

信用状はその不便さから、「国際ファクタリング」に置き換わってきています。

信用状を使った取引と国際ファクタリングを使った取引の大きな違いは、債権債務に関するコストの負担者が異なるということです。

信用状の場合、輸入者が銀行に信用状の発行を依頼することになるため信用状の発行コストは輸入者が負担しなければなりません

一方、国際ファクタリングでは、輸出者がファクタリング会社に依頼することになるため、ファクタリング取引のコストは輸出者が負担することとなります。

わざわざ輸入する度に時間をかけて信用状の発行を頼むのは非常に面倒。

こうした不満が急増し、>国際ファクタリングを利用した取引が急増しているというわけですね

ファクタリング会社を利用するメリットとデメリット

「L/C無し取引」・「L/C取引」と比較!メリットとデメリット

海外の事業者との貿易取引のリスクをヘッジするにはこれまで信用状(L/C)を使った取引が行われてきました。

しかし、貿易実務の負担軽減や取引迅速化の観点から、信用状を用いない送金ベースの決済である国際ファクタリングが主流となりつつあります

以下では、主流になりつつある国際ファクタリングのメリットとデメリットについて詳しく見ていきましょう。

国際ファクタリングのメリット

国際ファクタリングの一つ目のメリットは、、取引先の信用リスクに関わらず輸出者の代金回収が保証されることです

輸出者とファクタリング会社がファクタリング契約を結んだ段階で、輸出業者がもつ売掛債権はファクタリング会社に譲渡され、ファクタリング会社が責任をもって債権の管理・回収を行うことになります。

さらに、国際ファクタリングを利用する二つ目のメリットとして、輸入者の与信管理を強化できるという点が挙げられます。

国際ファクタリングは、単純に一回の貿易取引に係る金銭債権を保証するわけではありません。

定期的に輸入企業の信用調査をファクタリング会社が行ってくれるので、自社で信用調査をしなくて済みますし、面倒な与信管理も自社でせずに済むようになります。

また、新規の取引先であってもファクタリング会社を利用すれば信用調査が可能です。

そのため、初めて取引を行う海外の会社であっても安心して取引を行うことができるのです

国際ファクタリングのデメリット

国際ファクタリングにも、もちろんデメリットはあります。

その代表的な一つが、手数料です。

通常のファクタリングと比較して、海外のファクタリング会社を経由することになるので、手数料も高くなる傾向があるのです。

それでも輸入業者の債務不履行で大きな損害を被るよりは安い保険料でしょう。

どんなリスクをもつ貿易会社に保証サービスが必要?

どんなリスクをもつ貿易会社に保証サービスが必要?

国際ファクタリングを利用することで、輸入業者との取引がスムーズに行えるようになります。

しかし、海外の会社と取引をスムーズにしたいからと言って、すべての貿易会社で国際ファクタリングを利用すべきかと言えばそうではないです

ここでは、国際ファクタリングの利用を検討すべき具体的な貿易会社を取り上げて解説をしていきます。

与信管理を簡潔化したいとき

まず国際ファクタリングの利用を検討したいのは、与信管理を簡素化したい時です。

取引先が増えてくると、取引先がどのような会社であり、その会社とどれくらいの取引があるのか、どれくらいの金銭債権を保有しているのかなどをそれぞれ管理することが非常に煩雑になります。

しかし一方で、信用取引量が増えれば増えるほど、貸倒れリスクも高まることから、取引先の与信は常に気を付ける必要があります

国際ファクタリングを活用すれば、与信管理をファクタリング会社に委託することができ、中小企業・小規模事業者でも迅速に与信管理を簡素化することができるので非常に便利です。

自分の会社で与信管理を行うよりも、ファクタリング会社に与信管理を外注してしまった方がコスト削減に繋がることもあるという事も、是非覚えておいてほしいと思います。

取引企業が信用状(L/C)に応じないとき

次に、取引相手がL/Cに応じない場合においても、国際ファクタリングを活用すべきであると言えます。

信用状を使った取引は、信用状の発行を輸入企業側が取引銀行に依頼しなければなりません。

そのため、こちらが信用状を使った取引を持ちかけたとしても、相手がそれを承諾して取引銀行に信用状の発行依頼をしない限り、信用状を使った取引はできないことになります。

そのような場合でも、国際ファクタリングを活用すれば、相手会社とはほとんど関係なしに、自社の側から積極的に貸倒れリスクを低減することが可能です

先にも説明したように、国際ファクタリングは所有している取引先の金銭債権を自社の側がファクタリング会社に譲渡する取引であるため、自社が積極的に取引先の金銭債権をファクタリング会社に譲渡すれば、それだけ貸倒れリスクを軽減できるのです。

輸出債券が増加しているとき

輸出債権(海外取引先に対する債権)が増加しているような場合でも、国際ファクタリングを活用したほうが良いと言えます。

取引額が少額であるうちは、自社が設定した与信限度内で輸出債権を管理し、入金がきちんとされているかどうかを確認しておけば済みます。

しかしながら、取引先が増えたり取引量が増えたりすると、管理しなければならない輸出債権も増加するため、様々な取引先の輸出債権を管理しなければならないばかりでなく、輸出債権額も膨らんでいきます。

そのような輸出債権に対して、適切な与信管理を徹底することは非常に困難です。

会社として、そうした輸出債権を適切に管理しておかなければ大きな損失を被る可能性は免れません。

国際ファクタリングを活用すれば、ファクタリング会社が与信管理を行ってくれるため、上記のような問題も生じなくなります。

まとめ

国内の中小企業・小規模事業者が遠方にある海外企業と取引をする場合には、商品を輸出したとしても相手企業の代金の未払いや倒産といった問題が頻出します。

しかし、国内の中小企業・小規模事業者には、海外の相手企業の詳細な信用情報を知ることは困難ですし、海外との取引先が増えれば増えるほど、債権管理は非常に手間のかかるものとなりがちです。

そんな場合に、上手く国際ファクタリングを活用すれば、中小企業・小規模事業者であっても海外の相手企業と安心して取引が可能となります

売掛債権の額面が保証され、信用リスクも管理してくれる国際ファクタリングは、今後グローバル化がすすむ日本で重宝される存在となるでしょう。

人気ファクタリング会社のランキング
日本中小企業金融サポート機構
忙しいなら郵送ファクタリング一択!
・30分で審査準備ができる!
・社団法人だから非営利で安心
・買取額は制限なし!
・2社、3社、医療ファクタリングの取扱
・赤字、債務超過、個人事業主に対応
・手数料は8%~
アクセルファクター
最短即日のスピードファクタリング!
・3社間3000万円以下買取専門
・原則即日対応のスピード
・手数料は2%~
・2社間・3社間・診療報酬・介護報酬に対応
・法人、個人事業主(法人相手の売掛債権)申込み可
ベストファクター
日本中どこでも瞬時に対応!
・東京、大阪に拠点を置くファクタリング会社
・最短即日で融資
・無料の資金コンサルティング
・オンライン審査で手続き楽々
・全国出張サービス
・赤字、債務超過、税金滞納でも申込可