輸出業で資金ショートが起きてしまう理由とは?

海外の会社と取引をすることが多い輸出業は、その事業特性上、資金繰りに困ることが多々あります。

それは海外との貿易取引においては、商慣習の違いはもちろん、言葉の問題、替レートの変動など様々な大変さと煩雑さが存在しているから。

例えば、最近の円安で盛り上がりを見せている車産業ですが、売上になるのは商品が取引先に到着し、検修が済んでからやっと入金なので随分先のことです。

後から入金があれば良いのですが、取引先が期日通り代金を支払ってくれるかどうか分からないのも不安ですし、まして貸倒になったら取り返しがつきません。

そこで与信管理と債権管理が非常に重要な意味を持つことになるのですが、海外の取引先の与信を管理しようにも、海外事業者の与信情報を日本国内から調べるのは非常に困難です。

そこで利用されるのがファクタリング

特に、海外事業者との取引において活用されるファクタリングは国際ファクタリングと呼ばれています。

ファクタリングを活用すれば、海外事業者との輸出取引を保証するだけでなく、期日を待たずにの金銭債権を現金で回収することが可能となります。

以下で、輸出業における事業特性について解説した上で、輸出業がファクタリングを活用するメリットや、活用事例について詳しく説明していきます。

輸出業の事業特性

輸出業の事業特性

輸出業においては、もちろん他国の取引相手と商品のやりとりを行うことになります。

他国の取引相手と取引を行う場合、 商取引・言語・法制度・カントリーリスク・通貨など様々なリスクが存在しています。

なにより輸出業で特殊なのは、取引先が商品を受取ってから代金が支払われるまでにはかなりの時間がかかるということ。

国内取引とは異なり、外国取引では商品の授受と代金の支払いが同時に行われることは非常に困難なのです。

その結果、輸出者は商品の出荷から代金回収までの期間、商品の代金を一時的に立て替える必要がでてきます。

今までは貸倒れのリスクを軽減するために、信用状の発行をして債権の貸倒れリスクを管理していました。

しかし信用状の発行は手続きに時間がかかるため、同じく貸倒れリスクの軽減や信用管理に役立つ仕組みとして注目されているのがファクタリングです。

以下では、輸出業がファクタリングを利用するメリットについて紹介していきます。

輸出業がファクタリングを利用するメリット

輸出業がファクタリングを利用するメリット

従来、海外の取引先との貿易取引に関するリスクをヘッジするためには、貿易信用状(Letter of credit, 又は L/C)が利用されてきました。

貿易信用状とは手形と同じ仕組みで、国際的に利用されている決済手段です。

輸入業者は現地銀行に輸出者宛のL/Cの発行を依頼し、輸出業者側の銀行へ貿易信用状が発行されたと通知します。

これを使えばお互いに取引の確実性が担保されることになり、安全な取引ができるようになっていました。

しかし、貿易信用状を発行してもらう発行手数料は高く、書類や審査が厳格なため、書類に一つでも条件不一致の箇所がある場合には、保証を得ることができないというデメリットが存在していました。

しかも最近では商品取引を迅速化する動きになっているので、時間のかかる貿易信用状を用いずに、送金ベースの決済が主流となりつつあります

しかしそうなると、輸出業の債権回収や売掛金の管理を他のもので保証しなければいけません。

そこでその問題を解決できるのが、ファクタリングです。

中でも国際ファクタリングは、輸出取引において代金の回収を確実にする方法の一つ。

世界各国のファクタリング会社が提携して安全に代金の回収と資金化をサポートしてくれる仕組みで、日本の大手銀行系のファクタリング会社も参入しています。

国際ファクタリングを利用すれば、貿易信用状の無い送金取引であっても保証がなされますし、取引先の与信管理も強化できるのです。

ファクタリングを活用すれば、信用力の低い海外取引先に対しても積極的に販路を拡大できるようになるので商圏がぐっと広がります。

ファクタリング活用事例

ファクタリング活用事例

国際ファクタリングを活用すれば、送金ベースの輸出債権の回収はファクタリング会社が引き受けてくれるので、発生した自社の債権が全て確実に回収されるようになります

そんな輸出業者にとってメリットばかりのファクタリングですが、どのような活用事例があるのでしょうか?

ファクタリングを活用して債権を保証してもらえました

私の会社はコンピューターで使うICチップを海外の会社に輸出することが主な仕事でした。

我が社の事業のほとんどが一つの会社に対する商品の輸出であったため、その会社との関係が非常に重要でありましたが、売上を上げるために他の会社との取引もしたいという希望がありました

ただ、新たな取引先だと信用情報が分からないため債権を回収できないような事態となれば、我が社の営業成績は大きく傾き、資金繰りはとても苦しくなることが容易に予想できました。

与信管理と債権管理はかなり厳格にしたかったのですが、我が社は大きい会社ではないので人員を割くこともできず、また新規で高度な与信管理や債権を管理できる人材を採用することもできませんでした。

この問題を一度に解決できるファクタリングを活用しました。

そのおかげで、ファクタリング会社に債権管理と与信管理を任せることができたので、債権管理と与信管理に関する時間と手間を大幅に削減できるようになりました。

もちろん保証限度額内で保証が受けられる契約になっているため、万が一取引先に対する債権が貸倒れてしまった場合でも大きな損失を被ることはありませんので安心して輸出できています。

ファクタリングを活用して債権回収業務をスリム化

私の会社は、海外の事業者と手広く取引を行っており、取引先は7か国50社以上にのぼっています。

多くは東南アジアをはじめとする発展途上国なので基本的な商取引のルールに大きな差異がありました。

言葉や多少の入金遅れは許容範囲でしたが、ある会社が何か月か後に倒産したという連絡を受けたのです。

今後はそのようなことが起きないようにしたいと思って採用したのがファクタリング。

取引先の承諾が必要であったり、費用の負担が必要となりましたが、自社で債権管理・与信管理を行うよりもずっと効率的に同じ業務ができるようになったので、ファクタリング会社にそれらの業務を委託して本当に良かったと感じています

ファクタリング会社が信用調査をしてくれるので、新しい取引先を決定するのも楽になりましたし、取引中の企業の経営状態が危なくなればそのことも知らせてくれるので安心です。

取引先から入金日になっても入金が無い場合には、ファクタリング会社が取引先に対して取り立てを行ってくれます。

取引先も多く、その所在地は世界各国にわたる我が社は、ファクタリング会社に依頼したことで貸倒れリスクを一元的に管理できようになったのです。

それだけではありません。

普段はあまり利用しませんが、資金繰りが苦しくなったときだけは、ファクタリング会社に債権を譲渡して、期日よりも前に債権を現金化することもできるようになりました。

ファクタリング会社が資金調達に関して一括して相談にのっていただいたので、我が社の資金繰りにはずいぶんと余裕ができるようになりました。

まとめ

輸出業においては海外の会社との取引となるので信用取引となることが多く、また、その額も非常に大きいことから、確実に債権を回収できるようにしなければなりません。

従来の輸出業においては、貿易信用状を用いて取引の安全性が担保されてきましたが、最近では送金ベースの決済が主流となり、取引の迅速化や簡便化に伴って貿易信用状を使った取引は減少しています。

そこで有効なのがファクタリングの活用です。

ファクタリング会社は売上金を保証し、取引先の与信情報の管理も担ってくれるのでまるで国内取引と同じように安心して輸出ができます

ファクタリングの制度を上手く活用すれば、輸出業に存在するリスクを最小限に抑えることができますね。

おすすめの記事