インターネット通販業で資金ショートが起きてしまう理由とは?

スマホの普及率が80%近くにのぼる昨今、いつでも買い物ができる便利さから、どの世代でもインターネットで物を購入することが増えてきました

インターネット通販が急激に成長を遂げてしまったので、配送物が増加して運送業はてんやわんやの状態がおき、各社が運送料の値上げをしたのも記憶に新しいです。

かつて華やかな世界であった百貨店も最近では閉店を余儀なくされ、その損失を補うためにインターネット通販に進出してきてるほどです。

実店舗の販売にはテナント料や人件費など、商品が売れていなくても継続的にかかる費用があります。

しかしインターネット通販業の場合は倉庫と発送チャネルがあればよいので、実店舗を構えるのと比べて費用が抑えられ、利益率が高くなります。

そんな急成長を続けるインターネット通販業ですが、どのような状態で資金ショートが起きてしまうのでしょうか

それはインターネット通販事業の特性が関係しているので次項で詳しく紹介していきます。

インターネット通販業の事業特性

インターネット通販業の事業特性

インターネット通販業で特筆すべきは広告宣伝費に多額の費用がかかることです。

実店舗ではきれいに並べられた商品を手に取りたくなりますが、インターネット通販は商品を網羅的に見せることができないので、お客さん自身がお目当ての商品を探せるように広告宣伝費に多くの投資をします。

インターネット通販業を営むにはそれだけではありません。

売上があがる前に、仕入・発送費・商品管理費も必要です。

もしもEコマースサイトを借りて販売している場合は手数料の支払いもあるかもしれませんね。

これら費用は顧客から入金が得られるより前にかかるもので、売上をのばしつづけるのは継続的に販売促進活動を行わなければなりません。インターネット通販業においては先行投資が不可欠なのです

さらにインターネット通販業においては、商品を売り上げたとしても顧客からその場で直接対価を受け取るわけではありません

。多くの場合、コンビニ決済・代引き引き換え・銀行振込・クレジットカード決済など様々な支払方法が選択されます。

そのため、債権を回収には短くて1週間、お客さんが後払いを選択した場合は長くて2か月ということもざらにあるのです。

高額な先行投資を継続する必要があることと、支払期日と入金期日にずれが生じているので、資金の巡りが悪くなったときに資金ショートが起きてしまいます。

こんな時、資金繰りを改善するためにはファクタリングが有効なのですが、どのようなメリットがあるのでしょうか

インターネット通販業がファクタリングを利用するメリット

インターネット通販業がファクタリングを利用するメリット

インターネット通販業が抱える資金ショートの問題は、仕入・在庫管理費・広告宣伝費・送料に莫大な費用がかかるのにも関わらず、支払い方法がコンビニ後払いやクレジット決済なので入金までに時間がかかることです。

入金が遅いと先行投資にかける資金が底をつき始め、仕入ができなくなったり、在庫の管理費が払えなくなったり、広告宣伝費にお金をかけられなくなって結果的に売上が落ちてしまっては倒産に近づいてしまいます。

だからこそ、売上に満足するのではなく、できるだけ早く金銭債権を資金化しなければなりません

そこで有効なのがファクタリングです。広告宣伝費が必要なら債権を譲渡して資金調達できますし、在庫がなくならないならファクタリング会社に相談して在庫の買取も行ってくれます。

必要な資金を補うこともできますし、無駄な費用がかからなくなるので、少し時間はかかりますが資金繰りは解消できます。

将来的には、余裕のある資金を使ってさらに事業展開していくことも可能です。

ファクタリング活用事例

ファクタリング活用事例

インターネット通販業においても、クファクタリングを利用することが可能です。

ファクタリングをうまく活用できれば会社の資金繰りを改善につながり、資金繰りに余裕ができれば、会社の将来も安泰となり新たな事業展開も可能となります。

上記ではインターネット通販業におけるファクタリングの活用方法、また、インターネット通販業におけるファクタリングを活用するメリットなどについて詳しく紹介してきましたが、ここからは、インターネット通販業に属する事業者が実際にファクタリングを活用した具体的な事例を紹介していきます

ファクタリングを活用して資金を調達!

当社は中国やタイなどの発展途上国でOEMで安く生産した商品を、自社ECサイトや有名ネット通販サイトなどで販売しています。

事業をはじめてからすでに5年が経過しているため、事業はすでに軌道にのっており、売上も順調に伸びていました。

しかしながら、中国やタイなどの発展途上国に商品の生産を任せていることから商品の質にばらつきがありました。

検品が甘かったことも相まって、返品が相次いで返金対応に追われ、不良在庫が増加するだけではなく物流コストや人件費が増加してしまったのです。

そんな折り、商品の生産を任せていた工場でストライキが起こったため、今までの原価で商品を作ることができなくなり、人件費の増加のため商品の値上げをせざるを得なくなりました。

私達の会社で調査したところ、原価の値上がりを価格に反映させてしまうと売上が減ると判断したので、利益率は下がるものの価格はこのままにして販売数を増やす計画をたてました。

販売数を増やすために、いつも以上にPRを大々的に行って商品訴求力を向上させていったのですが、更なる問題がおきます。

広告宣伝費が嵩んでしまったことから、会社の資金繰りが苦しくなってきたのです。売上は思うように伸びていたのに入金が遅いので支払いが間に合わない。

当初は銀行から融資を受けてこの窮地を乗り切るつもりでした。しかし、同銀行からすでに融資を受けている我が社は、審査の末、今以上にお金を貸すことができないという結果。

今まで問題なく融資を受けられたので、そのつもりで書類の作成などをしていたことからかなりの時間が経過しており、次回の買掛金の支払いが迫っています。

このままでは取引先との信用関係にひびが入りかねないので何とかしたいという一心でした。

そんな時に活用したのがファクタリングです。

すると今までの融資にかけてきた時間が嘘のようで、申込から3日後には資金の提供を受けることができました。

これは私が持っていた債権がクレジットカード債権だったので、ファクタリング会社によってはクレジットカード会社から入金が保証されているようなものだったので審査も早かったようです。

今までファクタリングでの資金調達は知りませんでしたが、ファクタリングを利用する最大のメリットは、資金調達までのスピードが迅速なことだと思います。

急いで資金が必要な旨をファクタリング会社に伝えたところ、できる限り早く手続きしますと言ってくれたこともとても心強かったです。

あと、必要な時だけ必要な額を調達できるというのも便利なポイントだなと思いました。

ファクタリングによって資金の提供を受けたことによって我が社の資金繰りは大きく改善し、当面の買掛金に支払うには十分な資金を用意することができたので、新たに事業計画を策定しようという話も出ています。

また、ファクタリングを活用したことによって、会社の資金繰りを改善することができただけではなく、ファクタリング会社による信用調査や情報提供もしてもらえるようになりました

我が社では販売先が大手のECサイトや通販事業者であることから、取引先の信用についてあまり関心を持っていませんでした。

しかし、大手ECサイトを運営する会社の経営成績や財政状態があまりよくないことをファクタリング会社から事前に注意してもらっていたので、徐々に信用取引の量を減らしていました。

結局、後日になってその会社から支払いを急いでほしいと言われたので、ファクタリング会社の情報は正しかったですね。

もしファクタリング会社を利用していなければ、そのような情報を事前に入手することはできなかったと思います。

このように、ファクタリングは資金繰りの改善に効果があるだけではなく、ファクタリング会社による信用調査と注意喚起機能という点でも優れていると思います。

ファクタリングを活用して経営改善ができた!

我が社では、日本国内だけではなく海外にも商品を発送しています。海外への売上をのばすには商品の訴求力を高めるために広告宣伝費に多額の資金を投じる必要がありました。

我が社は実際に店舗を持たず、すべて一つのオフィスだけで商品の注文から発送までを行っていました。

そのおかげで、他の会社と比べてコストダウンができ、安い値段で商品を販売することができていたことから、コストリーダーシップを発揮することができ、順調に売上はあがってしました。

しかし、売上があがるにつれて、商品を保管する場所が確保できなくなったり、人材が足りなくなってしまったために注文を受けてもなかなか発送できない状態が続き、お客様からのクレームも増えていました。

そのため、会社を大きくしようと思い、銀行や公的機関を訪ねて融資を受けられないかどうかを聞いて周りました。

しかし、まだまだ会社を設立したばかりだったので、なかなか融資を受け入れてくれる銀行や公的機関は見つからず、会社は全くまわらない状態になってしまいました。

度重なる商品返品対応や返金対応、不良在庫の管理、物流コストや人件費の高騰などによって資金繰りも次第に困難となっていきました。

できるだけ早く投資を行い、商品仕入れ、在庫管理、そしてそれを行う従業員の確保などを進めていかなければならない状況でしたが、融資を受けられなかったので途方に暮れていたところでした。

そんな折り、他の会社の社長からファクタリングを活用してみればという話を聞きました。

ファクタリングを活用すれば、金銭債権を期日よりも前に現金化することができるということだったので、気になってしらべてみましたが、審査期間も短いため素早い資金調達が可能ということがわかり、ファクタリング会社に相談してみました。

私の会社では、売上は非常に順調だったので、金銭債権そのものは会社にたくさんありました。しかし、金銭債権の回収まで時間をかけることができなくなっていたのです。

ファクタリング会社に相談したところ、金銭債権を譲渡してもらう代わりにファクタリング会社の方で債権回収業務は行うことになるので、自社で債権管理をせずに済むようになるという話を聞き、早速ファクタリング契約を結びました。

私の会社が所有している金銭債権は非常に信用度の高い債権であったため、早くに資金を提供することができると言われたこともポイントとなりました。

ファクタリングを行ったことによって資金調達ができたので、その資金を活用して投資を行い、業務を効率化したり従業員を増やしたりすることができたので、資金繰りが改善されただけではなく、会社のオペレーションも非常に効率化できたと感じています。

ファクタリングは資金調達の一つの手段と思われがちですが、ファクタリングをうまく活用して、会社に資金があれば事業も展開できますし、万が一の際にも安心できるようになりますよ。

まとめ

インターネット通販業を営む事業者でも万が一に備えて自社の資金繰りを管理する必要があります。

資金繰りが悪化して、支払いができなくなってしまえば会社は倒産してしまいますし、取引先との信頼関係に大きな影響を与えてしまいます。

資金繰りを改善する方法はファクタリングの他にもありますが、ファクタリングの最大のメリットは資金の提供までに時間がかからないということです。

ファクタリングを活用すれば、ファクタリング会社に債権を譲渡することになるのでその回収業務まで自社で担う必要性はなくなります。

ファクタリングを上手に活用することで、債権回収業務を外部化することもできるのです。

インターネット通販業で資金繰りに困っているような場合は、大いにファクタリングを活用できます。

人気ファクタリング会社のランキング
日本中小企業金融サポート機構
忙しいなら郵送ファクタリング一択!
・30分で審査準備ができる!
・社団法人だから非営利で安心
・買取額は制限なし!
・2社、3社、医療ファクタリングの取扱
・赤字、債務超過、個人事業主に対応
・手数料は8%~
アクセルファクター
最短即日のスピードファクタリング!
・3社間3000万円以下買取専門
・原則即日対応のスピード
・手数料は2%~
・2社間・3社間・診療報酬・介護報酬に対応
・法人、個人事業主(法人相手の売掛債権)申込み可
ベストファクター
日本中どこでも瞬時に対応!
・東京、大阪に拠点を置くファクタリング会社
・最短即日で融資
・無料の資金コンサルティング
・オンライン審査で手続き楽々
・全国出張サービス
・赤字、債務超過、税金滞納でも申込可