WHATEVERのファクタリングとは?

WHATEVER、直訳すると「なんでも」といった意味があります。

ファクタリングにあてはめると「売掛債権はなんでも買い取る」ということでしょうか。

実際はどうなのか、調査したので以下で解説していきます。

WHATEVERの会社概要

会社名 有限会社WHATEVER
代表者名 記載なし
所在地 〒160-0004
東京都新宿区四谷2-2 第22相信ビル202
設立 2004年7月
資本金 公開無し
HP http://whatever.jp/
営業時間 平日9:30~18:00

WHATEVERの特徴

WHATEVERの特徴
WHATEVERのファクタリングにはどのような特徴があるのでしょうか。

柔軟な審査

WHATEVERが打ち出しているのは審査の柔軟性。言い換えると審査が甘いということです。

金融機関の借入の条件変更・リスケ中、赤字決算、税金・社保の滞納があっても必ず審査をするというから驚きですね。

WHATEVERという名前の通りのようです。

審査が甘い会社を見る

在庫買取サービス・不動産相談

WHATEVERでは、ファクタリングの他に企業が保有している在庫を買い取るサービスを行っています。

買取りの対象商品は、「アパレル商品・貴金属・宝石・電化製品・日用雑貨など」とHPに記載があります。

こちらも商品価値があるものであれば「なんでも」なのでしょうか。

また、不動産についても相談可能とのこと。売却や繋ぎ資金、税金滞納などを手段はわかりませんが解決してくれるそうです。

手数料について

公式に手数料1%~と記載がありますが、最安になるのは3社間ファクタリングで且つかなり大口の場合のみでしょう。

2社間ファクタリングは最安の手数料で7、8%ほどです。それも売掛先が上場企業や官公庁の場合くらいですね。

利用される際は他社と相見積もりをすることをおすすめします。

手数料相場とおすすめ会社を見る

WHATEVERのファクタリング概要

種類 2社・3社・診療・介護
手数料 1%~
※3社間・2社間は定かではありません。
取扱額 売掛先1社に対し 30~3000万円
スピード 記載なし

ご利用までの流れ

  1. 問合せ
  2. 電話かメールで問い合わせる。

  3. 仮審査
  4. WHATEVERの担当者から折り返し、ヒアリング。

  5. 本審査~結果報告
  6. 必要書類提示後、審査。現状からおすすめのプランを提案されます

  7. 契約
  8. 入金。取引スタート。

WHATEVERの口コミ

リコーリースの評判・口コミ

50歳 金属加工業
ネットで見て手数料が安そうだったので審査してもらいましたが、実際はそれより高かったので辞退して他の業者を利用しました。

42歳 自動車販売
仕入れのために利用しました。手数料は少し高く感じましたが、背に腹は代えられません。

36歳 建設業
対応がいまいちだった。他の業者で断られてたので仕方なくって感じです。

まとめ

WHATEVERは、ファクタリングサービスに加え、在庫買取、不動産相談もサービスとして行っています。名前通り「なんでも」というようなイメージですね。
手数料が破格の金額で書かれているあたり、実際はもっと高いはずなので、利用する際は慎重に進めた方が良いでしょう。

人気ファクタリング会社のランキング
日本中小企業金融サポート機構
忙しいなら郵送ファクタリング一択!
・30分で審査準備ができる!
・社団法人だから非営利で安心
・買取額は制限なし!
・2社、3社、医療ファクタリングの取扱
・赤字、債務超過、個人事業主に対応
・手数料は8%~
アクセルファクター
最短即日のスピードファクタリング!
・3社間3000万円以下買取専門
・原則即日対応のスピード
・手数料は2%~
・2社間・3社間・診療報酬・介護報酬に対応
・法人、個人事業主(法人相手の売掛債権)申込み可
ベストファクター
日本中どこでも瞬時に対応!
・東京、大阪に拠点を置くファクタリング会社
・最短即日で融資
・無料の資金コンサルティング
・オンライン審査で手続き楽々
・全国出張サービス
・赤字、債務超過、税金滞納でも申込可