シンキコーポレーションのファクタリングとは?

売掛金買取のファクタリング会社シンキコーポレーション。

株式会社シンキコーポレーションは東京都に拠点を置く会社ですが、そのファクタリングサービスにはどのような特徴があるのでしょうか。

このページで評判や口コミ、特徴についての詳細を解説していきます。

シンキコーポレーションの会社概要

会社名 株式会社シンキコーポレーション
代表者名 不明
所在地 〒170-0013
東京都豊島区東池袋2丁目44番1号 真野ビル501
設立 不明
資本金 不明
HP https://shinki-corp.com/
営業時間 平日9:00~19:00 土日祝日は除く

シンキコーポレーションの特徴

シンキコーポレーションの特徴
シンキコーポレーションのファクタリングにはどのような特徴があるのでしょうか。

ファクタリングだけではない事業領域

シンキコーポレーションは、ファクタリングだけではなく手形買取・在庫買取も行っています。

手形の処理ができるところを見るとスタッフに金融の知識があり、且つ貸金業の免許も取得しているのでしょう。

手数料の上限が不明

公式ホームページを見ると、手数料は「1%~」と記載があります。

また、買取事例には3社間ファクタリングで1%で買い取った事例と、2社間で4.5%で買い取った事例が紹介されています。

3社間が1%~、2社間が4.5%~なのであれば業界最低水準です。

しかし、別途売掛先1社に対し調査代5000円、印紙代・交通費・登記費用がかかります。

そう考えると他のファクタリング会社と同等水準でしょう。

売掛先が上場企業や官公庁であれば上記の手数料も可能かもしれませんが上限が書いてないのでどこまで上がるかも未知数です。

掛目・留保あり

シンキコーポレーションのファクタリングには留保金がかかります。

掛目は原則額面の10~20%です。

つまり、ファクタリングの最終的な決済がされるまで、額面の10~20%が留保金となりシンキコーポレーションに預ける形になります。

売掛先から入金があり、シンキコーポレーションに送金をするとファクタリング手数料が引かれた留保金が返ってくる実質担保のようなものです。

シンキコーポレーションのファクタリング概要

種類 2社・3社
手数料 1%~
取扱額 売掛先1社に対し30~3000万円
※上限1億円
入金スピード 記載なし
必要書類 記載なし

ご利用までの流れ

  1. 電話・メールで問い合わせる
  2. 売掛先の審査
  3. ファクタリング契約可能かどうかの通知と案内
  4. 必要書類を提出の上、面談
  5. 取引の契約
  6. 契約後に指定口座に入金

総評

シンキコーポレーションは、東京都豊島区に拠点を置く2社間ファクタリング専門のファクタリング会社です。

条件等見ていても特筆するようなものはなく、至って普通のファクタリング会社という印象でした。

ただ気になるのは、代表者・設立・資本金・対応スピード・手数料の上限を公開していない点です。

大切な事業資金を任せるには少し信用が欠けてしまうかと思います。

利用する際は、他社と相見積もりをして競合させましょう。

おすすめの記事