アパレルで資金ショートが起きてしまう理由とは?

成長を続けるアパレル業界ですが、なぜ資金ショートが起きてしまうのでしょうか?

それはアパレル業において、製造から販売までを手がけることが多く、もしも製造の段階でトラブルが起きるとその期間の売上減を対処できないからです。

例えば、製造工場でストライキなどがあって、従業員の賃上げ要求に応じたような場合には、追加の資金が必要となりますし、製造コストが増加すればそのための資金も必要です。

また、アパレル業における商品である洋服はシーズンによって移り変わりが激しく、流行り廃りもあることから、売れ残ってしまうとその費用を回収することは容易ではなくなります。

そのため、どれくらい販売が可能なのかをきちんと予測しておく必要がありますし、できるだけ在庫を持たないように管理をしなければなりません。

結果として、アパレル業においては資金がショートしやすい業種なのです。

そのためアパレル業で資金ショートを避けるためには、ファクタリングの活用が非常に重要となります

この記事では、アパレル業の事業特性を元に、アパレル業がファクタリングを活用するメリットとファクタリングの活用事例について解説していきます。

アパレル業の事業特性

アパレル業の事業特性

アパレル業はどのような事業特性があるのでしょうか?

一番の特徴は金銭債権が現金化されるまでに時間がかかることです。

アパレル業においては、メーカーからの受注に応じるために倉庫内で在庫を抱えなければならないことが多く、材料を仕入れて製造を行い、それをメーカーに販売するので、金銭債権を受け取るでにはかなりの時間がかかります

そのため、通年での経営状態が良好であるような場合でも、一時的に資金繰りが悪くなってしまうことがあるのです。

二つ目のアパレル業の事業特性は、製造・在庫管理の煩雑さです。

アパレル業は流行や季節によって商品の変動が激しく、サイクルの回転が非常に早いことが特徴。

短期間で商品が入れ替わることになるので、過剰な仕入れを行ってしまうと、販売できる見込みがない商品が在庫として残ってしまうことになります。

例えば、冷夏や暖冬など気候の変化が例年と異なる場合には、予想したほど売れ行きが伸びないということ十分考えられます。

そうすると在庫として管理費がかかってしまいます。

反対にヒット商品となって予想をはるかに超える売れ行きとなれば予算以上の製造コストがかかってしまいます。

しかしそれを正しく判断して製造量を決めるのは大変困難です。

アパレル業の事業特性はこれだけではありません。

多くのアパレル事業社がサプライチェーンで製造から販売まで取引企業が連続していることから、一つの企業が苦境に陥ってしまえば、その企業を使っている他の縫製工場・染色加工工場・記事メーカーなど、様々な会社が影響を受けることになります。

多くの会社が関わっていることで、アパレル業は連鎖倒産が起きる可能性も高く、ある企業の倒産が自社の資金繰りも悪化させてしまう可能性があるのです。

以上のアパレル業界の事業特性でした。

これを踏まえてアパレル業がファクタリングを利用すると、どのようなメリットがあるのか見ていきましょう。

アパレル業がファクタリングを利用するメリット

アパレル業がファクタリングを利用するメリット

ここまでは、アパレル業が資金ショートを起こしやすい理由と事業特性について説明してきました。

以下では、アパレル業において、ファクタリングを活用する2つのメリットについて詳しく説明していきましょう。

まず一つ目は資金ショートしたときにすぐに資金調達ができるという点です。

ファクタリングはファクタリング会社に売掛金や受取手形といった金銭債権を譲渡し、その対価として現金を受け取る仕組みです。

上記にある通り、アパレル業は資金ショートの起きやすい業種。

ファクタリングを活用すれば突発的な製造コストの増加があっても、素早く資金を調達することができるのです。

もしも売り上げが止まってしまったり、急な設備投資が必要な場合はファクタリングを利用すれば事業資金が確保できるのは大きなメリットです。

二つ目は与信情報の管理ができるということです。

アパレル業では、自社で一貫して一つの服を製造していることは珍しく、ほとんどが工場に洋服の制作を依頼して、工場が受注することになります。

受注産を行っている工場には取引先がたくさん存在しており、管理する売掛債権も膨大な数

そこで問題になるのが多くの取引企業の与信管理です。

与信管理を全てこなすのは中小企業には非常に困難ですが、ファクタリング契約をすれば取引先のように与信管理はもちろん、新規の会社の与信調査も行ってくれます

このように、アパレル業ではファクタリングの活用は非常にメリットが多いのです。

ファクタリングが活用できるアパレル業ですが、実際に利用した企業の話を紹介させていただきます。

ファクタリング活用事例

ファクタリング活用事例

アパレル業においてもファクタリングを活用すれば資金繰りの改善が可能です。

ここでは実際に利用したアパレル業に属する事業者が実際にファクタリングを活用した具体的な事例を紹介していきます。

ファクタリングを活用して資金を調達!

私の会社はアパレル業を営む会社で服を製造するための複数の工場を抱えています。

海外にも工場を抱えており、海外工場では現地住民を雇って経営を行っています。

そのような中、海外の工場でストライキが発生し大幅な賃上げ要求がありました。

中長期的に考えれば、労働者のストライキに応じる用意はありましたが、現在受註を受けている分はなんとしても製造を納期までに完了させなければなりませんでした。

万が一製造がストップしてしまうようなことがあれば、店頭に並べる時期に依頼されている服を納品することができなくなってしまい、販売先のお店の経営が危うくなってしまいます。

アパレル業は、発注サイクルが基本的に早いことから、資金繰りはギリギリの状態で経営しているところが多いです。

メーカー側からの発注内容が固まって契約を結び、実際に海外の工場を可動させるためには実質的に2週間程度の猶予が必要で、一日も無駄にすることはできません。

万が一お店側の要求通りに服を揃えることができなければ、そのお店との今後の取引にも影響を及ぼしてしまいます。

これまで積み上げてきた信用も台無しになってしまうので、ストライキを何とか収めるために今シーズンの服についてはコスト増を承知のうえで、労働者たちの賃上げに応じることとなりました。

しかしながら、私の会社でも資金繰りは一杯一杯であり、シーズン柄資金繰りが厳しい状態であったため、ストライキで賃上げされた分の資金を調達できずにいました。

そのため、取引のあった銀行に融資を申し入れましたが、時間的余裕が残されていなかったことから審査に時間がかかってしまう融資は見送らざるを得ない状態でした。

結局、その期については賃上げ要求分の資金はファクタリングによって融通することにしました。

売掛金を譲渡するだけだったので、銀行と比較すると審査の時間もかからずに迅速に対応してくれることがファクタリングを利用するメリットだと思います。

取引先の信用次第だとは思いますが、ファクタリングを活用すれば素早く資金を調達できます。

賃上げ要求に応じることができたことによってストライキ問題も解消しましたし、販売先とも取引を継続することができました

ファクタリングを活用して資金繰りを改善!

我が社は某大手のアパレル業者である取引先からの依頼を受けて、洋服を製造する業務を行っています。

取引先からの依頼があって初めて商売が成り立つので、会社としては積極的に営業活動を行って製造依頼を獲得していました。

そのような戦略で取引先を増やしていった結果、有難いことですが自社では管理しきれないほどに取引先が増えてしまったのです。

取引先の会社の規模は様々でしたが、継続的に依頼をしてもらっている会社もあるので、それぞれの会社の経営状態についてはほとんど気にしていませんでした。

そんなある日、ある一つの会社が倒産したと連絡がきて、会社が所有していた売掛金が回収できない状態に陥りました。

もちろん、貸倒引当金の計上はしてありましたが、売掛金が回収できなくなったことによって資金繰りが一気に苦しくなってしまいました

たった一社の売掛金が貸倒れただけと油断していたのも良くなかったのですが、起こってしまったことは仕方ありません。

それがきっかけで、我が社では徹底的な取引先の債権管理と、信用調査も積極的に行うようになりました

しかしながら、自社内で取引先の債権管理を徹底しようとすると取引先が非常に多いため、担当従業員への負担も大きくなってしまいました。

債権を管理する独立した部門があったわけではないので、債権管理の手間をファクタリングを活用して軽減しようと考えました。

もちろんファクタリングを利用する手数料は割高ですが、銀行から融資を受けるのとは違って無駄な時間がかかりませんし、将来に渡って支払わなければならない利息ではありませんから、面倒な支払手続きなどもなく安心です。

ファクタリング契約を結んでおけば、ファクタリング会社が取引先の信用情報を管理してくれるので、取引先の財政状態に素早く対応することができるようになったことも大きなメリットとなりました。

アパレル業でファクタリングを活用してみたいと考えている場合には、金銭債権をファクタリング会社に譲渡することによって期日よりも前に現金が手に入る効果だけではなく、債権管理の一部をアウトソーシングすることができる効果もあるのでとてもおすすめです

まとめ

アパレル業は資金繰りが困難になることが多く、その原因の多くは原価高騰やストライキなど製造過程で起きる問題なので予測することが困難です。

結果として、資金繰りが計画通りにいかないということもしばしば起こります。

それを企業努力だけでカバーするのは非常に困難で、資金繰りが悪くなってしまうという会社もしばしば存在します。

資金繰りに困ったときには、積極的にファクタリングを活用するようにしましょう

ファクタリングを活用すれば、自社が所有する金銭債権を期日前に現金化することが可能です。

また、ファクタリング会社とファクタリング契約を結んでおくことで、自社の取引先に対する信用調査や債権管理の業務を軽減する効果も見込むこともできます。

アパレル業では資金繰りが悪化しやすいので、そのための対策として多くの企業でファクタリングが活用されています。

人気ファクタリング会社のランキング
日本中小企業金融サポート機構
忙しいなら郵送ファクタリング一択!
・30分で審査準備ができる!
・社団法人だから非営利で安心
・買取額は制限なし!
・2社、3社、医療ファクタリングの取扱
・赤字、債務超過、個人事業主に対応
・手数料は8%~
アクセルファクター
最短即日のスピードファクタリング!
・3社間3000万円以下買取専門
・原則即日対応のスピード
・手数料は2%~
・2社間・3社間・診療報酬・介護報酬に対応
・法人、個人事業主(法人相手の売掛債権)申込み可
ベストファクター
日本中どこでも瞬時に対応!
・東京、大阪に拠点を置くファクタリング会社
・最短即日で融資
・無料の資金コンサルティング
・オンライン審査で手続き楽々
・全国出張サービス
・赤字、債務超過、税金滞納でも申込可